背中が硬いと眠りの質が下がる!

Health & Beauty 2015年03月24日(火)

背中が硬いと眠りの質が下がる!

背中の痛みが我慢できない女性

最近、背中の硬さやコリを感じてはいませんか? 背中が凝っていると、痛みを覚えたり、呼吸が浅くなったりするので、眠りの質が落ちてしまうといいます。しかも、コリの酷さと症状は比例するそうです。ここには、どういった理由があるのでしょうか?

背中の硬さは眠りに悪影響を及ぼす?

背中のコリは、デスクワーク作業を行う人に多い傾向があるといいます。1日の長い時間を座ったままで過ごすため、血の流れが悪くなり、筋肉の硬直や炎症を起こすことがコリの原因となるとのこと。実は、この症状が眠りに悪影響を及ぼす一因となっているのです。

背中の筋肉には、左右の肩甲骨を支える役割があります。筋肉に負担がかかると、肩甲骨の間にある自律神経のバランスが崩れてしまいます。自律神経には、身体を休めるときに働く副交感神経が含まれているので、その結果として眠りの質が下がってしまうのです。

このように背中のコリは、眠りの質に影響する重要な問題です。少しでも思い当たる節があれば、早めの解決を目指しましょう。

解決するための方法は?

背中のコリを解消すれば、自律神経のバランスが元に戻り、快適な睡眠を手に入れることができるかもしれません。日々の眠りに満足感を得られていない人は、すぐに取り組んでみてください。では、解消するためには具体的になにをすればよいでしょうか?

デスクワークのように、一定の姿勢を続ける仕事に就いている人は、血行不良を引き起こしている可能性があります。身体に大きな負担となるので、こまめに姿勢を変えて筋肉の硬直を防ぎましょう。

自宅では、筋肉の炎症を抑えるために貼り薬などを利用すると症状がやわらぐようです。これらの方法を試しても眠りの質に改善が見られない場合は、専門医に相談してみるとよいかもしれません。

呼吸が変わると眠りがよくなる!

睡眠の質を上げる方法がもうひとつあります。それは、呼吸法を改善すること。背中のコリは、睡眠時の呼吸にも大きな影響を与えています。筋肉が硬直するため、肩甲骨の動きが悪くなり、胸が広がりづらくなるようです。すると、呼吸が浅くなり、眠りの質が落ちてしまいます。

呼吸を深くするには、背中のコリや硬さを改善することがポイントです。たとえば、整体を利用したり毎日ストレッチや筋力トレーニングをしたりして、背中の筋肉が元気な状態を維持すると、呼吸が深くなります。

背中のコリを解消すると呼吸法も自然と変わるはず。ぐっすり眠りたい人は、一度自分の背中を見直してみるとよいでしょう。

Photo by Chapendra

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝る前にお茶やコーヒー、タバコなどをとるのはなぜよくないのでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂