睡眠導入剤と睡眠改善薬の違い、知っている?

Medical 2015年03月22日(日)

睡眠導入剤と睡眠改善薬の違い、知っている?

睡眠薬を飲んで眠る女性

「夜、布団に入ってもなかなか寝つけない」「夜中に何度も目が覚めて、もう一度眠ろうとしても眠れないまま朝になってしまう」このようなことで悩んでいませんか? これは、決して特別なことではなく、多くの人が悩まされていること。そんなときは、睡眠薬で眠りやすくなることがあります。今さら聞けない、睡眠薬の種類について紹介します。

眠れないときの薬は2種類ある!?

スムーズに睡眠に入って行ける睡眠薬には、大きく分けて2種類。「睡眠薬」や「睡眠導入剤」と呼ばれるものと、「睡眠改善薬」と呼ばれるものです。

この2種類は、どちらも穏やかに眠りを誘うもので、眠れないときや、夜中に目が覚めてしまうとき、目が覚めるのが早すぎるとき、睡眠が浅い気がしてよく眠れていないと感じるときなどに使用されます。

この不眠の悩みに効くといわれる薬には、どんな違いがあるのでしょうか?

睡眠導入剤と睡眠改善薬、どう違う?

睡眠導入剤は、睡眠薬と同じ意味で、大脳に働きかけることによって睡眠効果が得られるものです。作用として、「鎮静催眠作用」と「精神安定(抗不安)作用」があります。

鎮静催眠作用とは、穏やかに眠りを誘う作用のことで、精神安定作用とは、抗不安作用、すなわち、不安を和らげて精神を安定させる作用のことを指します。

睡眠薬より、より睡眠作用の時間が短いものを、睡眠導入剤と呼びます。

一方、睡眠改善薬という薬は、抗ヒスタミン薬が主に成分となっているものです。抗ヒスタミン薬とは、かゆみ止めやアレルギー症状などによく使われるもので、よくドラッグストアや薬局などで売られている風邪薬にも含まれているもの。この眠気を催す作用が、睡眠改善に利用されているというわけです。

自分の今の睡眠に向いているのはどっち?

睡眠改善薬は、よく市販されているため、一時的に寝つきが悪い、眠りが浅いといった悩みに使用するといいといわれています。服用して眠れるようになったら他の薬を試す必要はないようです。しかし、2~3回飲んでも症状がよくならないのであれば、医師や薬剤師に相談しましょう。

もし医師から不眠症と診断された場合には、睡眠改善薬は不向きといわれています。不眠症には不眠症の治療薬としての睡眠薬が処方されます。よく違いを理解しましょう。

睡眠導入剤と睡眠改善薬。名前は似ていますが、成分も作用も異なります。自分に合ったほうを的確に選ぶのをおすすめします。

Photo by Vitto0088

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

眠くなってから床につく方がよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂