「運動量を増やせば眠れる」は間違い!? 良質な睡眠へと導く適切な運動とは

Lifestyle 2015年03月20日(金)

「運動量を増やせば眠れる」は間違い!? 良質な睡眠へと導く適切な運動とは

ウオーキングする女性

「最近寝つけない……」。そんなふうに悩んでいる方の多くから、「身体を動かしていないから、きちんと眠れないんだ」という話をよく聞きます。近年ではパソコンでの作業が中心となり、身体を動かしていないという悩みを持ったビジネスマンが増加しています。さっそく睡眠と運動の関係性を考えてみましょう。

疲労回復につながる運動の仕方とは

現在の科学では、運動量と睡眠の量・質の相関関係はきちんと把握されていません。もともとの睡眠に対する個体差や、食生活、ストレスなど他の要因も複雑に絡み合うため、純粋に推し量ることが難しいのです。

しかし睡眠の質を向上させるには、運動する習慣を持つことが大切だとわかってきています。継続的に運動することで、下記のような効果が期待されます。

・深い睡眠が増加して、心身の疲れを癒しやすくなる
・入眠しやすくなる
・長く眠っていられるようになる
・中途覚醒がしにくくなる

一方、就寝前に過度な運動すると、心身が覚醒してしまいます。そのため、眠りにくくなるのです。また、自分にとってあまりに負荷が大きい運動は継続も難しくなっていくでしょう。気軽に、日々続けられる運動習慣を持つことがポイントです。

睡眠に適した運動とはどんなもの?

続いて、睡眠に適している運動を考えます。ポイントは以下の通り。

・心拍数がある程度上がる
・継続性がある(週数回程度はできる)
・無理なく続けられる
・自分の体調や気持ちによって調節できる

これらのことを考慮すると、ウオーキングなどが適しているといえそうです。自分の体調に合わせて、歩幅を広げたりスピードをアップさせたりしながら程よく運動していくことができるでしょう。

ウオーキングは、午後から夕方(陽が沈み切る前)がオススメです。人間は就寝前に体温が1度下がります。そのため、眠る直前は運動を避けた方が良いのです。夕方頃に体温の状態をピークに持ってきておくと、夜になって順調に体温を下げられるので、寝つきが良くなります。

睡眠が運動にもたらす効果とは? アスリートが眠りを大切にするわけ

アスリートは睡眠を意識的にとるようにしています。それは、スポーツにおいて欠かせない「集中力」や「判断力」が発揮しやすくなるためです。

1日の睡眠時間を意識的に増やしたことで、バスケットのフリースローの成功率がアップしたというアメリカの研究も報告されています。

また、日本オリンピック委員会の2012年調査によると、アスリートは平均8時間4分の睡眠をとっていることがわかりました。これは、日本人の平均を大きく上回ります。さらに、体調管理に対する質問においても「しっかりと眠る」ということを大切にしているアスリートがもっとも多く85%のほどもいました。

良いパフォーマンスを発揮するのは睡眠が不可欠で、プロはそれを意識して生活を組み立てていることがわかるでしょう。睡眠と運動には深いつながりがあるということがわかりますよね。

Photo by Tom Kemp

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

昼寝はなぜ20分程度がよいのでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂