無意識のうちに食べてる!?女性に多い睡眠関連摂食障害とは

Lifestyle 2015年03月19日(木)

無意識のうちに食べてる!?女性に多い睡眠関連摂食障害とは

冷蔵庫をのぞく女性

「朝起きて冷蔵庫を開けたらあるはずのものがない!」そんな経験をしたことがありますか? もし、全く身に覚えのない食事の跡があるとか、そんなに食べていないはずなのに体重が増えるといったことが続いていたりするなら、この病気が疑われます。

睡眠中の不思議な行動? 睡眠関連摂食障害とは

まだ聞き慣れない睡眠関連摂食障害。それは一体どんな病気なのでしょうか? 東京医科大学睡眠学講座の駒田陽子氏によると、この病気は20年ほど前からやっと診断がつくようになった病気で、まだ一般にはあまり知られていません。

症状としては、夜眠りに入ってから1~2時間経過した頃から眠ったまま起き上がり、いろいろな食物を食べあさりその後また床につくというのが特徴で、一連の行動はほとんど無意識のうちに行っているそう。

朝起きたときに、食べ散らかした形跡を見たり、昼間に眠気が強かったりすることで気づくことが多いとのことです。また、これまでのところ発症は26歳頃が多く、患者の7割近くが女性だそうです。

睡眠関連摂食障害の原因は?

夜中にパンやお菓子などにとどまらずペットフードや化粧品さえ食べてしまったり、ときにはお湯を沸かしたりしてケガややけどを負うことすらあるというこの不思議な病気。原因は何なのでしょうか?

駒田氏によると、「原因については、生活リズムの乱れや睡眠不足のほか睡眠薬の飲み過ぎなどによる影響が考えられます。患者さんの3~4割は、睡眠状態から不完全な状態で覚醒する素因があるといわれています」とのこと。

早めに睡眠不足を解消し健全な生活習慣を保つことは、この病気の予防にも大いに役立つようです。

もし異常に気が付いたら

この他、詳細な原因究明にはまだ時間がかかるかもしれませんが、いずれにせよ、この病を発症すると体重が増え高血圧や糖尿病につながる可能性が高く、奇異な行動を抑えられないことからうつ状態になる場合もあるそう。

「恥ずかしいから……」と放置していると、体だけではなく心理的苦痛も抱えることにもなってしまいます。

ですから、異常に気が付いたら早めにお医者さんに相談しましょう。この病気に関しての治療法はまだ定まっていないそうですが、睡眠専門医の間では関心が高まっているとのこと。あなたの体や心がそれ以上傷つかないよう助けてくれることでしょう。

Photo by Jessica Wissel

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝る前にお茶やコーヒー、タバコなどをとるのはなぜよくないのでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂