旅行先でぐっすり眠る方法。枕が変わると眠れないあなたに 

Lifestyle 2015年03月19日(木)

旅行先でぐっすり眠る方法。枕が変わると眠れないあなたに 

旅行先のホテルで仮眠をとる女性

「枕が変わると眠れない」という人もいると思います。旅行をしたとき、いつもと違う環境のせいで寝つけないとお悩みの場合、ちょっとした工夫をするだけでもぐっすり眠れるはず。今回は、旅行先でも眠れるようになる入眠儀式についてご紹介します。

旅行先でなぜ眠れなくなるの?

自宅ではすぐ眠れるのに、旅行したときはなかなか寝つけないという悩みを抱えている人も少なくないはず。こうした悩みを抱えてしまう理由は、一過性不眠という症状だとする説もあります。

一過性不眠とは、数日程度の短期間眠れなくなってしまうというものです。環境の変化や心理的ストレスを感じると、こうした症状が現れてしまうのだとか。しかし、不眠のなかでも軽いものであることから、専門的な治療を受けなくてもよいとされています。

注意しなければならないことは、一時的に寝つきが悪くなったことがきっかけで、「自分は不眠症ではないか」と悩み、慢性的な不眠症を患ってしまうケース。こうした症状に悩まされる前に、旅先でぐっすり眠れる方法を考える必要があります。

入眠儀式を習慣化して眠る!

一過性不眠を解消する方法として、寝る直前に必ずやることを決めておくと、ぐっすり眠れるようになります。これは入眠儀式と呼ばれるものですが、動物が寝るときに安全を確認するうえで必要な行動なんです。

たとえば、犬は寝る前に身体を丸め、1~2周回って安全を確認してから寝ます。人間も安全を確認し、警戒態勢を解いてから寝たいところですが、外出先だと安心して眠ることができません。

入眠儀式を身体が覚えるためには、毎日寝る前に同じことを繰り返す必要があります。睡眠時の習慣を定着させると心身ともに安らぐため、旅行したときでもぐっすり眠れるようになります。

簡単にできる入眠儀式でどこでも不眠知らずに

「枕が変わると眠れない」とお悩みのあなた。旅行したときの一過性不眠がきっかけで、慢性的な不眠症を招いてしまうかもしれません。

ぐっすり眠るためのポイントは、入眠儀式を身に付けること。入眠儀式という言葉だと難しく感じるかもしれませんが、「トイレに行く」「歯を磨く」など、誰でもできる行動だけでも十分です。自宅でなくともできる方法を身に付けると、旅行先へ出かけたときでも緊張せずに眠れるようになります。

環境が変わるとなかなか寝つけないという人は、日々の生活に入眠儀式を取り入れるとよいかもしれません。寝る前の行動を見直して、ぐっすり眠りましょう。

Photo by Tom Kemp

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝酒はなぜよくないのでしょうか?

整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂