朝食をとって、眠気と不調をふっとばそう!

Food 2015年03月16日(月)

朝食をとって、眠気と不調をふっとばそう!

朝食が並んだテーブル

なかなか朝起きられず、朝の調子が悪い……そんなふうに悩んでいる女性も多いかと思います。朝の悩みを解消するための、起きてからの過ごし方や朝食の重要性などを解説します。眠気と不調をふっとばしていきましょう。

毎朝朝食を食べていますか?

毎朝朝食を食べていますか? 朝食べる時間がなかったり、お腹が空いていなかったり。何も食べなくてもお昼まで頑張れてしまう方も多いのではないでしょうか? ある調査結果では、朝食を食べると答えた人は、67%ほどで3人に2人はしっかりと朝食をとっていることがわかりました。

朝しっかりと朝食を食べることで、体のスイッチを押すことができます。活動モードに体を切り替えて、眠気をふっとばし、脳を活性化させます。また朝食をしっかりととることで便秘対策にもなります。きちんと朝食をとって朝をスタートさせましょう。

朝食を食べると不調を感じにくくなる!?

朝食を食べると眠気が増すという悩みを持っている人もいるようですが、朝食を食べた方が体の不調は少ないと言われています。朝食を食べている人と、食べていない人を比べると、食べていない人の方が体の不調を感じているそうです。

順天堂大学医学部の小林弘幸教授によると、自律神経を司る交感神経と副交感神経は一方が優位になりすぎると病気になる可能性が高くなるそうです。起床直後は交感神経が優位になっているため、副交感神経とのバランスをとる必要があるのだとか。それには朝食をとるのが良い方法であるといいます。

朝食で集中力アップ

最近ですと、朝食を出してくれる会社もあるそうです。シリアルやバナナなどが食べられる会社や、朝食代を負担してくれる会社もあるようです。朝食で重要なのは、噛むことです。噛むことで、脳が活性化していきます。

スムージーなどは栄養素が一度に取れて便利ですが、噛む動作を取り入れたほうがいいので、飲み物だけでなく食べ物も取り入れていきましょう。食欲がない人にはフルーツがオススメです。時間がない朝でも、さくっと食べられるものをお腹に入れて、朝の時間を充実させていきましょう。

Photo by Avid Hills

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

眠くなってから床につく方がよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂