やっぱり眠気覚ましの方法はコーヒーが一番!? その秘密に迫る!

Work 2015年03月16日(月)

やっぱり眠気覚ましの方法はコーヒーが一番!? その秘密に迫る!

朝、コーヒーを飲む女性

仕事中や運転中、勉強中の眠気覚ましには、何を使用していますか? きっと真っ先に挙がってくるのは「コーヒー」では? 確かにコーヒーには覚醒効果があるといわれていますが、そのメカニズムやトリビアなど、改めてその目覚ましの秘密に迫ってみましょう!

眠気覚ましの優れた方法として改めて見直したいコーヒーの威力

朝起きたらまず一杯。仕事の前にまず一杯。昼食後にまた一杯。午後の眠気に一杯…。と、一日中コーヒーの香りと味に鼻と喉を突き合わせている方は多いのでは? 眠気も覚めてシャキッとするので、ビジネスマンには欠かせない飲み物になっています。

ところで、このコーヒー、眠気が覚めるしくみをご存知ですか? 含まれるカフェインが作用していることはよく知られていますが、このカフェインがどう働いているかはあまり知られていないことです。

人が眠気を催すのには、40種類ほどの睡眠物質が作用しているといわれていますが、中でも良く知られているのが「アデノシン」です。

実は、カフェインはこの「アデノシン」という神経伝達物質とよく構造が似ていることから、アデノシンの代わりとなって働くことができます。睡眠中枢に対して行われる「そろそろ休んだほうがいい」という情報伝達を妨害することができるので、脳に情報が伝わらず眠気が起きないというわけです。

ホットとアイスどっちが目覚めやすい?

そんなカフェインを含むコーヒーは、摂取してから30分程度経った後に、覚醒効果が表れるといわれています。そして、4~5時間ほどその効果が続きます。けれど、コーヒーでも、ホットとアイスでは、覚醒効果もその持続時間も違うということも分かっています。

それは、一般的に、アイスコーヒーは、ホットコーヒーよりもカフェイン量が少ないことと、温度の低さからカフェインの血中濃度の上昇がゆるやかになることが理由といわれています。

○カフェインの血中濃度が最大になるまでの時間
ホットコーヒー:飲んでから約30分~1時間後
アイスコーヒー:飲んでから約1時間~2時間後

アイスコーヒーを飲むと、小腸の粘膜にある毛細血管の収縮や胃の運動の低下が起きるので、血中濃度の上昇もゆるやかになります。よって、早く眠気を覚ましたいのなら、ホットコーヒーを選ぶのが正解です。

カフェインの眠気覚ましには限界がある!

コーヒーを飲むと、アデノシンの働きが妨害されることで、脳が休憩すべきと判断できず、眠気は起きません。しかし、それも一時的なことで、やがて脳に「休め」という情報が伝わるのは時間の問題です。

つまり、カフェインの眠気覚まし効果にも限界があるということ。一般的に、カフェインの効果は4~5時間程度で、より新陳代謝が活発な人は1~2時間程度が限界といわれています。仕事中や運転中にカフェインで目覚めることができるのは、ある程度限られた時間だけと心得ることです。

コーヒーの眠気覚まし効果と改めて向き合って、効率的に利用しましょう!

Photo by Ben Raynal

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

ぬるめのお風呂がよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂