空腹感と眠気がある人は要注意! 冬特有のアレかも?!

Work 2015年02月17日(火)

空腹感と眠気がある人は要注意! 冬特有のアレかも?!

冬季うつの症状に悩まされる人

昼間、眠くて仕方がない。寝ても寝足りない。また、同時にすぐに空腹感に襲われ、甘い物や炭水化物がとても食べたくなってしまい過食してしまう…。こんな状態になっている方はいませんか? 実はそれ、ただの睡眠不足や体調不良ではないかもしれません。冬にかかるアレかもしれません!

空腹感と眠気は、冬季うつ病の疑いが!

あなたは「冬季うつ病」をご存知ですか? その名の通り、秋から冬にかけてうつ症状が起きるものです。主に10月から12月頃にかけて症状が表れ、3月頃になって回復してくるといわれています。気分が落ち込み、やる気が起きない症状が多く見られるようです。

また、夜しっかりと睡眠時間を確保しているのにもかかわらず、日中眠気があるという場合や、甘い物・炭水化物が妙に欲しくなるという場合も冬季うつ病の疑いがあります。

冬季うつ病はなぜ起きる?

冬季うつ病は、夏と比べて日照時間が短くなることによって、セロトニンと呼ばれる脳内の神経伝達物質が減少し、脳の活動が低下することが一つの原因として考えられるといわれています。特に冬に日照時間が短い地域では多い病気なのだそうです。

一度発症すると、毎年繰り返すのも特徴で、冬に薄暗い日中の中で、気分が落ち込んでしまい、何をするにも意欲が湧いてこないという症状に悩まされるのです。

こんな症状がある人は要注意!

冬季うつ病の特徴は、秋から冬にかけてうつ傾向になることや、不眠というより過眠ぎみ、食欲がなくなるというより食べすぎる傾向にあることだといわれています。

体が重く、特に午前中に調子が悪くなる、食欲があって無性に菓子パンなどの炭水化物が食べたくなるなどの傾向がある場合には、冬季うつ病の可能性があるかもしれません。

治療は体内リズムを正常に戻すために光を浴びる方法や、脳のセロトニン量を増やす薬を処方する方法などで行われるといわれています。症状が深刻化する前に、お医者さんに相談することをおすすめします。

Photo by Radu Lungu

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

夕方に軽い運動をするのはなぜよいのでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂