毎日の白湯でよく眠る習慣を作ろう!

Lifestyle 2015年02月16日(月)

毎日の白湯でよく眠る習慣を作ろう!

白湯を冷まして飲む女性

白湯は赤ちゃんや身体が弱っている人に飲ませるだけでなく、ダイエットやデトックス用としても人気です。でも、飲む時間を変えればぐっすり眠れるアイテムに早変わり。では、よく眠るためにはいつ飲むのがベストなのでしょうか?

モデルや女優も愛用する白湯

白湯は美容効果が期待できる飲み物。テレビや雑誌で、モデルや女優が愛飲しているという話を見かけることがあると思います。一度沸騰させたお湯を、50℃前後まで冷ますのがいいとされています。

白湯は、飲むタイミングによって代謝を高めたり食事の消化吸収を助けたりします。また、腸を刺激することでお通じを改善する役割もあるのだとか。ダイエットやデトックス効果が期待できるので、1回当たり100ccから150cc飲むとよいでしょう。

さまざまな効果が期待できる白湯ですが、実はダイエットに役立つだけではありません。心地よい眠りをサポートしてくれるそうです。

副交感神経と体温上昇が睡眠に影響

白湯は、副交感神経の働きを活発にする効果があると言います。副交感神経は身体や心を落ち着かせる役割があるので、しっかり機能していると眠りの質がよくなるのです。不眠がちになっている人は、交感神経と副交感神経のバランスが狂っている状態ということも少なくありません。

また、人間が寝るときのメカニズムを見ると、温まった身体が熱を放出していくことがわかります。白湯を飲むと一時的に体温が上がり、身体の外へ熱を出すことで自然と眠気が訪れるはず。今までは眠りの質が悪かったという人も、質の良い眠りを得やすくなるのです。

よく眠るためにも白湯を習慣づけよう

ダイエットやデトックスをしている人は、白湯を飲む習慣があるかもしれません。でも、飲む時間は起床直後や食事中ではなかったでしょうか? もし、不眠を解消したいと考えているなら、寝る前に飲まないのはもったいないことです。

白湯の作り方は、コップに入れた水を電子レンジにかけたりポットのお湯を冷ましたりと、どんなやり方でもOK。

毎晩コップ1杯の白湯をゆっくり飲むだけでも、ぐっすり眠れる体質に一歩近づくはず。ダイエットやデトックス効果も期待できるので、毎日の習慣に取り入れてみるとよいでしょう。

Photo by Thomas

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

「休日の寝だめで睡眠不足を解消!」 これはなぜよくないのでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂