「トリプトファン」の過剰摂取は病気を引き起こす!?

Food 2015年02月15日(日)

「トリプトファン」の過剰摂取は病気を引き起こす!?

サプリメントを飲もうか迷っている女性

「ネムジム」読者にはおなじみの「トリプトファン」。睡眠ホルモン「メラトニン」の原料となることから、「ネムジム」では読者の皆さんに摂取を奨励してきました。しかし、「トリプトファン」を過剰摂取するのは注意が必要なんです。

「トリプトファン」は1日3食規則正しく食事すれば摂れる

「トリプトファン」は1日500mg程度摂ると、睡眠対策に有効といわれています。

1日3食、「トリプトファン」を含む肉類(可食部100gあたり最大牛レバー290mg)、魚介類(同最大筋子330mg)、穀類(同最大パスタ150mg)、乳製品(同最大ナチュラルチーズ320mg)を普通に摂っている場合には滅多に過剰摂取になることはありません。

でも、これらの食べ過ぎにはくれぐれも注意しなければなりません。

「トリプトファン」ブームの後に健康被害が起きた!

サプリ先進国の米国を中心に、1980年代の終盤に睡眠導入のためのサプリとして、「トリプトファン」が猛烈に売れたことがありました。しかし、しばらくして好酸球(白血球の1つで、アレルギー疾患や寄生虫症などの際に増加する)の増加と、非常に強い筋肉痛を起こす患者が多数出てきたのです。

その症状は、「好酸球増加筋肉痛症候群」(EMS)と名付けられ、FDA(アメリカ食品医薬品局)は「トリプトファン」の健康食品としての販売を禁止し、全製品の回収を命じました。

やがて、疫学調査と若干の動物実験を基に、原因は昭和電工の製造した「トリプトファン」に含有されていた不純物であるとの結論が出たのです。

サプリはあくまでも「補うもの」

しかし、内藤裕史氏の著書「健康食品中毒百科」によると、昭和電工の不純物がEMSの原因だという説は完全に否定されているそうです。

理由は、(1)疫学調査の方法論に致命的な誤りがあること、(2)動物実験では昭和電工の「トリプトファン」を摂取した場合の8000倍でやっとEMSが出ること、(3)昭和電工以外の製品でも大量摂取によってEMSが報告されていること、(4)トリプトファンが全く関与しないで発症するEMSが存在すること――などです。

ここで注目したいのは、サプリメントには過剰摂取による障害が起こる可能性があるということ。まずは毎日の食事を規則正しくバランス良くとりましょう。

サプリメントは、それでも補えない部分をまかなう「健康補助」製品ということを認識しておくことです。

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝酒はなぜよくないのでしょうか?

整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂