よく眠ることで、心も健康に! 自分の心をプラスにもっていく

Health & Beauty 2015年02月14日(土)

よく眠ることで、心も健康に! 自分の心をプラスにもっていく

ネガティブな気持ちになっている女性

最近、マイナス思考になって熟睡できないという方も多いのではないでしょうか? 落ち込み癖やネガティブ思考のある人は、気持ちを切り替えてプラス思考を作っていきましょう。

不安やストレスでよく眠れない

布団に入ると、その日の失敗や明日への不安なことなどを思い出してしまい、なかなか寝付けないなんて方も多いのではないでしょうか? 思考がマイナスになっていると、どうしてもふとした時に不安な気持ちになってしまいます。

「自分はだめな人間だ」「自分には能力がない」と思い込んでしまっているが故に、なかなか寝付けず睡眠障害まで引き起こしかねません。まずは思考の癖を直していきましょう。そうすることによってストレスも減り、よく眠れるようになり、身体的にも健康になります。病は気からと言いますが、その通りで思考の癖が身体にまで影響していきます。

寝る前に考えるべきこと

寝る直前に不安感に襲われる人は意識的に思考をプラスにもっていきましょう。自分の持っている特徴をあげ、自分のことを褒めてあげましょう。真面目で、思いやりがあって、繊細で、自分は魅力的な部分がたくさんあると言い聞かせるのです。

「才能がない」「あんなこともできない」とないものを考えてしまうのがマイナス思考につながります。自分のプラス面を増やすことを習慣づけてみましょう。寝る直前に思考をコントロールすることで、思考の方向性も癖づけることができます。

今の自分を受け入れたあとは理想像を描く

人からの評価や理解ばかりに気持ちがいってしまい、なかなか自分が本当にやりたいことが見えてこない方も多いのではないでしょうか? 自分の人生、自分はどうしたいのかということを真剣に考えると、マイナス思考でいる時間が非常に無駄に思えてきます。

理想の自分を描くことも大切です。こうなりたい、こうしたい、ではそのために何が必要でどうしたらいいのかを考えてみましょう。日々書き留めておくと、徐々に具体化するのが見えて前向きな気持ちになりますよ。プラス思考で心も身体も健康に過ごしましょう。

Photo by Send me adrift.

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝る直前に食べない方がよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂