新生児が睡眠中にあげるうなり声…どんな意味がある?

Work 2015年02月12日(木)

新生児が睡眠中にあげるうなり声…どんな意味がある?

熟睡する赤ちゃん

新米ママが初めて目の当たりにして驚くのが、眠っている赤ちゃんが突然あげる「うなり」。この赤ちゃんのうなりにはどんな意味があるのでしょうか?

寝ている間にうなる…うちの子、大丈夫?

よく、赤ちゃんが寝ているときに、顔を真っ赤にしながら、苦しそうな様子で「う~ん」とうなり声をあげることがあります。ときには、体をくねらせることもあります。初めて目にしたときは、きっとどんなお母さん、お父さんであってもビックリしてしまうでしょう。

実はこの新生児の「うなり」は、生後1~2カ月ではありがちなのだとか。寝ているときだけでなく、起きているときにも見られ、うなるだけでなく、いきんでいる様子も見受けられることがあるようです。

新生児の「うなり」の原因とは?

この新生児の「うなり」は、なぜ起きるのでしょうか? その原因ははっきりとは分かっていないそうですが生後1カ月以降になると、うんちの回数がやや減り、腸にうんちやガスがたまっているのが不快でなんとかいきんで出そうとしているからという説があります。

また、おっぱいやミルクの飲み過ぎ、眠りが浅い、暑がっている、姿勢が窮屈なども原因といわれています。飲み過ぎが思い当たらないようであれば着衣を緩めたり、手足を自由に動かせるようにしてあげることで解消できる場合もあります。

赤ちゃんがうなっていたらどうすればいい?

眠っている間、もし赤ちゃんがうなっているのを発見したときは、抱っこして背中をさすったり、ガスを出しやすくしたりするといいと言われています。赤ちゃんの両足を持って屈伸させたり、クロスさせてお腹をよじるようにしてあげるといいようです。

このうなりは、通常、生後3~4カ月にもなれば減ってくるそうです。その時期を過ぎても治らないようであれば、お医者さんに相談してみるといいでしょう。

Photo by David Clow

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

夕方に軽い運動をするのはなぜよいのでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂