他国と比較した睡眠環境! 東京は最低レベル

Health & Beauty 2015年02月09日(月)

他国と比較した睡眠環境! 東京は最低レベル

東京タワーが見える風景

眠らない街、東京。東京の睡眠環境は、他国と比較しても最低レベルであることがわかりました。どこを改善していくべきなのか、他国と比較しながら学びましょう。東京の睡眠環境にフォーカスを当ててご紹介します。

東京の睡眠環境の悪さ

東京は眠らない街と言われているように、夜でも街は明るいですし、車の通りも少なくはありません。その分、東京の睡眠環境はあまり良くないようです。

ロンドン、ストックホルム、ニューヨーク、パリ、東京の5都市において睡眠に関する調査をしたところ、東京に住んでいる人の約半数が睡眠に関して何らかの不満や悩みを持っていることがわかりました。他国と比較すると、満足度が低かったようです。そして睡眠満足度が低いのと比例して、健康面やコミュニケーション面でも不満を抱えている人が多いんです。

睡眠不足が与える影響

東京の人々は他国と比較しても睡眠時間が短いと言われています。睡眠不足による影響は大きく、経済にも響いているようです。その「睡眠不足による経済損失額」は年間4757億円にも及ぶのだとか。睡眠時間も関係なく働いてはいるものの、一方で損失額が大きいのも確かなようです。

遅刻や欠席は少ないそうですが、睡眠不足によるトラブルは多く、作業効率も低下しています。「眠るより仕事!」と考えている人が多すぎることが睡眠満足度の低い原因の一つと言えます。

睡眠環境を整え、自己管理を徹底

睡眠満足度を高めるために、自分自身で睡眠環境を整えていく必要があります。夜遅くまで働いたり、飲み歩いたりするのは当然、睡眠を削ることになってしまいます。そうならないためにも東京の波に飲み込まれずに、自分のペースを作っていくことが大切なのです。

一方で、東京離れも少しずつ進んでいるようです。田舎でゆっくりと暮らしたいと考える若者も多いようで、自分のペースをつかんで暮らしているようです。ただし、暮らしの拠点を変えるのは大変なこと。

毎日遅くまで仕事をすることが慢性化している場合は、いったん手を止めて自分の生活を振り返ってみましょう。

Photo by Loïc Lagarde

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

「休日の寝だめで睡眠不足を解消!」 これはなぜよくないのでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂