睡眠不足でハゲる原因に? 成長ホルモンが髪を育てていた

Medical 2015年02月07日(土)

睡眠不足でハゲる原因に? 成長ホルモンが髪を育てていた

睡眠不足が原因でハゲる可能性

さぁ、今回は男性陣必見の記事です! ズバリ、睡眠と毛髪の関係についてです。30代以上の男性にとって、悩みの一つに「自分はハゲるか、ハゲないか」ということがあるでしょう。

気になる人は、ぜひ最後までお付き合いください。

睡眠不足はハゲる原因になるのか?

男性にとって毛髪というのは大切な存在です。今回は、睡眠不足と薄毛には本当に関係があるのかということを調べてみたいと思います。

「睡眠不足で肌荒れしちゃって……」と女性が言っているのはよく聞きますよね。では、肌と髪は何が違うのでしょうか?

じつは、肌も髪もケラチンと呼ばれる同じタンパク質で構成されているので、その性質はとても似ていると考えられているんです。

成長ホルモンがカギを握る

私たちの肌や髪の新陳代謝に欠かせないものが「成長ホルモン」です。成長ホルモンは、(1)タンパク質、(2)炭水化物、(3)脂質のいわゆる三大栄養素の代謝や合成を促す作用があります。

とくに毛髪は大部分がタンパク質で構成されているので、成長ホルモンの影響を受けやすいと考えられています。

つまり、成長ホルモンの分泌量が多ければ多いほど毛髪は成長しやすく、ハゲにくいということですね。もちろん、遺伝などの要素は無視できませんが……。

それでは、この成長ホルモンはどうしたらたくさん分泌されるのでしょうか?

分泌量は時間帯によって異なる

成長ホルモンは私たちが生きている間、常に分泌されているものではありません。睡眠中や運動後などに多く分泌されないということは言うまでもありませんね。

一般的に、22時~深夜2時の4時間が、最も成長ホルモンの分泌量が多くなる時間帯といわれています。この時間帯に質の良い睡眠をとることがポイントというわけです。

なかなか22時から寝るのは難しいかもしれませんが、せめて0~2時の2時間は確保するなど心がけるだけでも違うかもしれません。

男性陣はこのことを頭の片隅に置いておきましょう!

Photo by Stuart Conner

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

ぬるめのお風呂がよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂