自分が不眠症だと気付いたらどうする?

Medical 2015年02月05日(木)

自分が不眠症だと気付いたらどうする?

不眠症の対処

最近眠れないな~と思うことはあっても、自分は不眠症かもしれないと疑ってみることはあまりないかもしれません。

実際のところ、不眠症と自覚している人や病院へ行く人は少ないのだそうです。今回は、不眠症と気づいた時の対処法を考えます。

不眠症は増えている?

自分は不眠症であると自覚している人や自ら睡眠外来を受診する人は少ないと言われています。現代人の生活習慣のせいか、夜になっても眠気を感じないという人も増えているそうです。

なぜそのようなことが起こるのか、まずひとつに、私たちのライフスタイルの変化が挙げられます。世の中がどんどん便利になるにつれて、私たちの運動量は減少しています。

日中、デスクワークの方は、特にジムなどに通わない限り、ほぼ身体を動かすことはないでしょう。通勤で少し歩くぐらいであまり疲れないので、夜になってもなかなか眠くならないかもしれません。

ストレスも原因になる

もうひとつはストレスです。ストレスが身体に与える影響は小さくありません。新陳代謝が減り、エネルギーが消費されにくくなるということもあるのだそうです。そうすると、余力を残した状態になり、眠気を感じにくくなります。

また、ストレスによってうつ状態になり、睡眠障害になってしまうというケースもあるそうです。たかがストレスと軽く見てはいけませんね。

運動不足によってストレスを感じることもあるようなので、定期的にジョギングやストレッチなどの軽い運動を心がけたり、お風呂に入る、アロマを焚くなど、いろいろなリラックス方法を試してみましょう。

お医者さんに相談しよう!

最後に、自分が不眠症かもしれないと感じたときに、どのような行動をとるべきかを考えたいと思います。

日常生活に支障をきたすレベルの不眠に悩んでいる方は、自己判断で対処せずに、早急にお医者さんに相談しましょう。

Photo by Chris Zielecki

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝酒はなぜよくないのでしょうか?

整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂