冬の乾燥肌対策! 睡眠中にできること

Health & Beauty 2015年01月28日(水)

冬の乾燥肌対策! 睡眠中にできること

肌のケアと睡眠

朝起きると肌がかさかさ。しっかりとお手入れせずに寝てしまった冬の朝に、そんなことを感じたことはありませんか? 今回は、冬だからこそ気を付けるべき睡眠中の乾燥対策をご紹介します。

冬の肌は悩みだらけ。睡眠中に肌がかさかさに

冬は、お肌の悩みが絶えません。乾燥がひどく、気付いたらニキビも増えていたり、シワなども気になって、肌の老けを感じずにはいられません。

また、毛穴の広がり黒ずみも気になりますね。肌の悩みがストレスになると、そのストレスでまた肌のトラブルに……冬は、内側と外側からダブルで潤わせていくことが大切です。

たとえば、朝のマッサージで血行の流れをよくして、老廃物を排出していきます。また、夜もパックをして睡眠中に潤いを逃さないようにしましょう。

毛穴のケアで肌の水分量を保とう

実は、毛穴をケアしていないだけでお肌が乾燥してきてしまうのです。毛穴のケアを2週間おきに3回実施したところ、お肌の水分量が115%にアップしていたという調査結果もあります。

毛穴の汚れをとることで、肌に潤いがよみがえることがわかっています。特に冬は、乾燥で角栓がたまりやすいので、角栓を取り除いて水分が浸透しやすい肌をつくることで、肌の水分量を保つことができます。

また、水分量だけでなくニキビやくすみの原因を取り除くことにもなりますので、毛穴のケアは手を抜かずに行いましょう。

睡眠中も潤いを保ち続けられるように

保湿ケアとしてオススメなのがスチーマーですが、実は睡眠中にスキンケアができるスチーマーがあるんです。顔周りの湿度を程よく保つことで、眠っている間にお肌の調子が崩れないようにします。

さらに、持ち運び用のミストも持っていると完璧! 睡眠用、日中用の保湿方法を変えて、継続的にケアしていきましょう。

Photo by galaxies and hurricanes

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

朝の光を浴びるとよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂