ぐっすり眠るとバストアップ! いい睡眠が与える影響は?

Health & Beauty 2015年01月26日(月)

ぐっすり眠るとバストアップ! いい睡眠が与える影響は?

スタイルのよい女性

メリハリのある美しいボディラインは女性の憧れですよね。実は、しっかりとした睡眠を取ると、女性のプロポーションに良い影響があるのだとか。今回は、ぐっすり寝るとステキな身体のラインになる、その理由をご紹介します。

バストアップの鍵は成長ホルモン!

睡眠は成長ホルモンの分泌を促す役割があります。特に、効果が高いと言われるのは深いノンレム睡眠であるステージ3~4の段階。別名「徐波睡眠(じょはすいみん)」と呼ばれるその状態は、たくさん成長ホルモンが出るタイミングなんです。

成長ホルモンは、「身長を伸ばす」「骨の成長を促す」など、子どもの発育に関係していると思っている人もいるようです。でも、成長ホルモンは大人になってからも分泌されるホルモン。タンパク質を合成し、古くなった肌細胞を新しくする効果があります。

実は、成長ホルモンはバストアップと深い関わりのある乳腺のラクトゲン受容体に働きかけると言われています。では、どんなメカニズムで胸が成長するのでしょう?

深夜2時の成長ホルモン濃度は通常の約5倍!

成長ホルモンが乳腺にあるラクトゲン受容体に作用すると、バストの張りがよみがえり、胸が大きくなるとされています。特に、濃度が高いときほどバストアップに働きかけるそうです。

通常の時間帯に睡眠を取った場合と徹夜をした場合との、成長ホルモンの分泌量を比較した研究があります。規則正しい睡眠を取った場合、深夜2時前後に約25ng/mlの成長ホルモンの分泌がみられました。一方、徹夜した場合、約5ng/mlと低い濃度の成長ホルモンしか分泌されなかったんです。

規則正しい睡眠を取ったとき、深夜2時前後をピークに、大量の成長ホルモンが分泌されていました。つまり、バストアップには夜ぐっすり眠ることが良い影響を与えるようなんです。

夜勤でも質の高い睡眠を取るコツは?

女性的なメリハリボディを目指しているみなさん、きちんと眠れていますか? 残業や夜更かしで、意外といい睡眠を取れていない人が多いのではないでしょうか。では、質の良い睡眠を取るにはどうしたらいいのでしょうか?

実は、眠りの質と睡眠の時間帯はお互いに影響し合っています。成長ホルモンがたっぷり分泌されると言われる深夜2時頃は、特に寝ておきたい時間帯。夜型の生活をしている人も生活サイクルを見直すといいかもしれません。

よい眠りの基本は、起きる時間と寝る時間を一定にすることだといわれています。規則正しい生活を送って、女性らしいボディラインを作りましょう!

Photo by dominikgolenia

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝酒はなぜよくないのでしょうか?

整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂