睡眠の質を高めるには、血圧をコントロールすることが大切?

Medical 2015年01月26日(月)

睡眠の質を高めるには、血圧をコントロールすることが大切?

睡眠のコントロールの仕方

低血圧だから朝早く起きることができない、高血圧だから夜眠れない、などという話をよく聞きますが、これらは真実なのでしょうか?

今回は、血圧と睡眠の関係に迫ってみました。この2つにはどのような関係があるのでしょうか?

睡眠の質チェックリスト

睡眠と血圧には深い関係があると言われています。ある指標では「睡眠の質がよい=朝の起床時の血圧が下がっている状態」と定義されていることもあるほどです。

一般的には、睡眠の質は以下の4つの項目で評価をします。

・すぐに寝つくことができるか

・ぐっすりと眠れているか

・頻繁に目が覚めることがあるか

・朝にパッと目を覚まして起きることができるか

簡単な項目ばかりなので、みなさんも一度チェックしてみてください。どうも怪しい、睡眠の質が低いかもしれないと思った方のために、血圧と睡眠の関係について解説をしていきたいと思います。

血圧をコントロールすれば熟睡できる?

高血圧のせいで不眠に悩んでいるという人がたまにいますが、これは厳密には正しくないのだそうです。ストレスや睡眠不足、または睡眠時無呼吸症候群などのせいで血圧が高くなるという場合の方が多いと考えられています。

実際に、不眠に悩む人が血圧をコントロールする薬だけを飲んでも、一向に不眠は改善しないというケースも多々あるそうです。

不眠の原因をしっかりと理解し、根本から絶つことが不可欠なのです。不眠になると血圧が高くなるのには理由があります。

不眠状態では交感神経が優位になって血管が攣縮し、心拍出量が増えるからです。

原因を突き止める!

加齢とともに、なかなか眠れないという悩みを抱える人は増えていきます。特に定年退職後の高齢者などは、家で昼寝をするケースもあり、それが不眠へとつながることがあります。この場合は、日中の生活習慣などを改める必要があります。

一方で若い人は、仕事のストレスや人間関係の悩みなどでうつ状態になり、不眠になるということもあります。仕事が忙しくて、睡眠時間を満足にとれないという人も多いことでしょう。

まずは不眠=血圧が原因と決めつけずに、根本的な原因を探ることが重要です。そのうえで、高血圧の場合はお医者さんに相談して薬を処方してもらうなど支持を仰ぐようにしましょう。

Photo by keirstenmarie

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

ぬるめのお風呂がよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂