不眠症や過食症の最大の原因はストレス?

Medical 2015年01月19日(月)

不眠症や過食症の最大の原因はストレス?

ストレスと不眠症

「昔はよかったなぁ」とはよく聞く言葉ですが、どうしたって昔に戻ることはできません。ストレス過多ともいわれる現代社会を生き抜くには、ストレスに関する知識と対処法を学ぶことが不可欠です。

今回は、上手なストレスとの付き合い方を提案しましょう。

ストレスで不眠や過食に?

何かとストレスの多い現代社会。ストレスが原因で睡眠障害や病気になってしまうこともあるので注意が必要です。まずは次のチェックリストを試してみてください。

・なかなか寝付けない、または睡眠の途中で何度も目が覚めてしまう

・会社に行くことが毎朝、とても憂鬱である

・人とただ会話するだけで、それを辛いと感じてしまう

・健康な状態なのに、とにかく食欲がない

いかがでしたでしょうか? これらの症状がある方は、精神的なストレスが身体をむしばんでいる可能性があります。一度、病院へ行ってお医者さんに相談してみるとよいかもしれません。

ストレスは数値化できる!

みなさんは、ストレスを数値で測定できる機械があることをご存じでしたか? また、それを備えている病院もあります。

ある病院では、唾液の中のアミラーゼという物質量を計測することで、ストレスを数値化しているそうです。

唾液アミラーゼとは、消化酵素の一つで、興奮状態などを計る指標になると考えられています。交感神経が刺激されて興奮状態になることで、唾液アミラーゼが多く出ると考えられています。

上記の病院では次のように数値化されるそうです。

・0~30KU/L ストレスなし

・31~45KU/L ややストレスあり

・46~60KU/L ストレスあり

・61~KU/L だいぶストレスあり

GABAが効果的?

一説によると、ストレス軽減にはGABAが効果的だそうです。最近はGABA入りのチョコレートなども販売されているので、コンビニで見かけたことがある方もたくさんいるかもしれません。

考えられているGABAの効果は次の通りです。

・リラックス効果

・ダイエット効果

・血圧の上昇を抑制する効果

・肝臓を元気にする効果

GABAは非タンパク質構成アミノ酸の一種で、通常の通常の食生活でも体内に取り入れることができる物質です。

ただ、食生活が乱れがちな現代では、特に若者を中心に量が不足しているといわれているので、サプリなどで摂取する方法もありますね。

万病のもとになるストレスとうまく付き合い、気持ちよく生きていきましょう!

Photo by Shaun Murphy

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

「朝食ヌキ」はなぜよくないのでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂