OLたちが人知れず繰り広げる「仕事VS.眠気」の激しいバトル

Work 2015年01月14日(水)

OLたちが人知れず繰り広げる「仕事VS.眠気」の激しいバトル

仕事中の眠気

普段、スマートに仕事をしているように見えるOLさん。颯爽と街を歩き、オフィスでも姿勢よくパソコンを打つ……そんなイメージとは裏腹に、その水面下では必死の努力があるようです。

OLだって一人の人間。仕事中に眠くなることは当然あります。そこで、彼女たちの眠気の実態に迫ってみましょう。

OLのほぼ全員が仕事中に眠くなったことがある

サンケイリビング新聞社が2010年3月に、OLに対して行ったアンケート調査では、「勤務中に眠くなったことはありますか?」の問いに対して、「ある」と答えた人が93.7%にも上りました。ほぼ全員が仕事中に睡魔に襲われ、眠気と闘った経験があることが分かります。

また、同社の2004年7月に平均年齢32.8歳のOLに対して行われた「睡眠」にまつわるアンケート調査では、平日の平均睡眠時間が5.9時間で、「~5時間」の人が26.3%、「~6時間」の人が45.5%と、だいたい5~6時間であることが分かっています。

やはり十分に睡眠がとれている状況ではなさそうですね。

水面下で闘うOLたち

普段、すまし顔で仕事をこなすOLたちも、人知れず眠気に襲われていることが分かりました。そんな中、必死に眠気覚ましの対策も行っているようです。

同調査で得られた自由回答では、「動いて解消」する派が多いことがわかります。たとえば、意図的に給湯室や化粧室に行ったり、社内を散歩したり、コンビニに行ったりと、近場で仕事に支障のない範囲での工夫が見受けられました。

他にも、コーヒーを飲む、目薬を差す、誰かに話しかけて会話をするなどの策がとられています。こんなふうに、何気ないOLたちの一つ一つの行動の裏には、「眠気覚まし」の意味があるかもしれませんよ!

OLたちがよく行う仕事中の眠気覚まし策とは?

象印が2012年5~6月に行った、OLに対する「お茶」に関するアンケート調査では、職場でよく飲むドリンクが分かっています。

1位が「お茶」89.8%で、2位が「コーヒー(コーヒー系飲料)」の69.0%、3位が「水(ミネラルウォーター)」の46.5%という結果になりました。20~50代まで、どの世代にもお茶は一番の人気でした。

この、お茶を飲む目的の中でも、「眠気覚ましのため」と答えた人は6.2%いることが分かっています。

緑茶に含まれるカフェインは覚醒作用があることで知られていますが、玉露は100mlあたり約160mgのカフェインを含み、コーヒーの約60mgと比べても格段に多いことから、十分に眠気覚まし十分に眠気覚まし効果は期待できそうです。

OLが日中、給湯室に行き、玉露を淹れていたら、眠気との激しい闘いの最中かも。そんなときは、眠気覚まし代わりに少し話しかけてあげてもいいかもしれませんね。

Photo by Nigel Maine

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝酒はなぜよくないのでしょうか?

整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂