仕事がピンチ! 徹夜せざるをえない時のための睡眠のコツは?

Health & Beauty 2014年12月28日(日)

仕事がピンチ! 徹夜せざるをえない時のための睡眠のコツは?

徹夜をする際の睡眠

仕事が忙しいとき、どうしても徹夜で乗り切らなければならないこともありますよね。でも、睡眠不足は業務の質が落ちる原因。最大限のパフォーマンスでクリアするためには、どのように対策をとればいいのでしょう?

睡眠不足は事故を招く元凶

忙しいとき、どうしても徹夜で仕事をしなければならないときもありますよね。でも、徹夜で働くということは事故を招く元凶に。

従業員の睡眠不足が原因で起きてしまったケースとしては、スリーマイル島原子力発電所事故やスペースシャトルチャレンジャー号事故などが挙げられます。

睡眠不足は、疲労感や集中力の低下、注意力散漫といった状態を引き起こします。業務効率も降りてしまうので、なるべく徹夜はしたくないものですが、必要に迫られたときは、どのような対策をとるべきなのでしょうか?

徹夜で働く時には15分寝ること!

徹夜で仕事をしなければならないとき、シャキッとするためのポイントは、一度仮眠をすることにあるそうです。日本睡眠学会理事の宮崎総一郎医師によると、適切な仮眠時間は80~100分がよいとされています。

これは、いわゆる睡眠のサイクルと呼ばれるもの。これだけ眠れば、ハードワークになる徹夜でも乗り切ることができそうです。

夜勤でも質の高い睡眠をとるコツは?

忙しい仕事のせいで徹夜をしなければならないというあなた。1日くらいなら仕方ないと感じるかもしれません。でも、きちんと対策をしておかないと事故を招くリスクもあります。

徹夜での仕事に必要なのは、いったん仮眠をとること。「一度寝たら起きられない」という方もいるかもしれませんが、職場だったら同僚に起こしてもらうというのもよさそうです。

睡眠不足によっておこる事故のリスクや業務効率の低下を理解している人なら、きっと了承してくれるはずです。

実際には徹夜は避けたいものです。でも、「どうしても」というときは、徹夜に備えた準備をしましょう。

Photo by Martin Cathrae

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

眠くなってから床につく方がよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂