歴史は紀元前! 睡眠の質を高めるシルクの魅力って?

Goods 2014年12月27日(土)

歴史は紀元前! 睡眠の質を高めるシルクの魅力って?

睡眠に良いシルク

冬は、寒さと乾燥で睡眠の質が低くなるのではないかとお悩みの方も多いはず。せっかくなら暖かくて保湿力に優れた快眠グッズを利用したいところかと思います。いい眠りをしたいなら、どんな素材を選ぶのがいいのでしょうか?

乾燥シーズンこそ使いたいシルク

冬は寒くて眠りの質が下がってしまうと心配する人もいるはず。「でも、暖房を使うと乾燥が心配で……」とお悩みの人もいると思います。そこで、紀元前から人々に愛されてきたシルクを利用するのはいかがでしょうか?

シルクは、湿度を吸収するため高い保湿性が維持できることが特徴。また、適度に暖かさをキープできる点も魅力。冬の寒さを乗り切るための快眠グッズとして利用する人もいるようです。

でも、シルクは価格が高いというイメージをお持ちの方もいるようです。高級な素材という印象があるかもしれませんが、実際はどうなのでしょうか?

リーズナブルなシルクが登場

シルクは寝具に使われる高級素材というイメージをお持ちの方もいるはず。確かに、国産のシルクは量産することが難しいと言われているように、高い価格で販売されていることが珍しくありません。

実は、衣料品メーカーには「シルクは高い」というイメージを覆そうという動きがあります。中小企業基盤整備機構の調査によると、綿やカシミヤ、テンセルなどの素材と組み合わせて、さまざまな商品を販売しています。

これにより、価格を下げながらシルクの機能性も維持できるようになりました。さらに、衣料品メーカーはシルクを混ぜた素材で新しい寝具も開発。快適な眠りをサポートしてくれるでしょう。

夜勤でも質の高い睡眠をとるコツは?

冬に快適な眠りを実現するには、暖かい環境を作ることが大切。できれば室温を20℃前後にしておきたいところです。でも、暖房器具を使うと部屋が乾燥してしまい、風邪など体調を崩したり肌がカサカサになったりするからイヤだという人もいるかもしれません。

シルクは暖かくて保湿性にも優れた素材。いろいろな安眠グッズがあるので、不安に感じる人は活用すると良いでしょう。たとえば、目元の乾燥を防ぐアイマスクや、冷え性で気になる人向けの手袋や靴下などが登場しています。

いずれも暖かいので、暖房自体を使わずに済むかもしれません。最近ではリーズナブルに購入できるシルク。乾燥や寒さが気になる人は、衣類に取り入れてみると良いでしょう。

【参考】
中小企業基盤整備機構『シルクの価値創造に関する調査事業」
厚生労働省『健康づくりのための睡眠指針 2014』

Photo by Mags_cat

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝酒はなぜよくないのでしょうか?

整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
ネムジム食堂