咳喘息? 気管支喘息? アトピー咳嗽? 睡眠との関係に迫る!

Medical 2014年12月23日(火)

咳喘息? 気管支喘息? アトピー咳嗽? 睡眠との関係に迫る!

睡眠時の咳

とめたくてもとめられない――それが咳の厄介なところですよね。明日は朝が早いからしっかり寝ないと、と思っても咳がずーっとでていて眠れないなんてこともよく聞く話です。この厄介な咳にはどんな種類があるのでしょうか?

睡眠を妨げる厄介な咳

就寝時や睡眠中に突然出る咳というのは厄介で、辛いものですよね。せっかく気持ちよく寝ていたのに、目が覚めてしまって、翌日の寝不足につながったり……。

ただ、「咳」と一言でいっても、咳にはいろいろな種類があるということをご存知ですか? 何が原因で起こっている咳なのかをしっかりつきとめることで、改善につながります。

逆に、「何となく風邪かな」など、勝手な自己判断をしてしまうといつまでたっても症状はよくなりません。

代表的な咳の疾患を以下にあげます。ご自身の症状にあてはまるものがないか一度、チェックしてみてください。

代表的な3種類を紹介

咳には主に、(1)咳喘息、(2)気管支喘息、(3)アトピー咳嗽の3種類があります。それぞれどのような症状がでるものか、解説したいと思います。

(1)咳喘息

・風邪の後にではじめることが多い。

・痰はほとんどでない。

・数カ月から数年など、長期間続く。

・冷気を吸い込むなど、体温変化に伴い、咳が増悪する。

(2)気管支喘息

・ゼーゼー、ヒューヒューといった呼吸困難を伴う。

・咳喘息から1~4割の人が気管支喘息に移行する。

(3)アトピー咳嗽

・咳喘息と似ているが、夜間や朝方ではなく、日中の温度変化で咳が誘発されることが多い。

咳喘息のチェック項目とは?

まず、大切なことは咳が長引くようであれば、自己判断をせず、まずお医者さんに相談しましょう。病院での治療や診査がどのように行われるのか簡単にご紹介します。

咳喘息の診断基準は、7つのチェック項目があると言われています。咳が8週間以上持続しているか、胸部レントゲン写真で異常がみられないかなどをチェックします。

7項目すべてを満たす場合は、咳喘息と診断されます。治療は、一般の咳止めや風邪薬は有効ではないと考えられているので、気管支拡張剤や吸入ステロイド剤が使われるようです。

睡眠の妨げにもなる厄介な咳。悩まされている方はすぐに病院でチェックしてもらい、快眠ライフを手に入れましょう!

Photo by Ryan Boren

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

ぬるめのお風呂がよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂