ホルモンを調整!? メラトニンと「ACTH」の意外な関係

Health & Beauty 2014年12月22日(月)

ホルモンを調整!? メラトニンと「ACTH」の意外な関係

メラトニンとACTHの関係

ぐっすり眠るために必要とされるメラトニン。実は、健康な身体づくりをサポートする役割もあるそうです。また、難病の治療やストレス緩和に効果があるのではないかと考えられ、研究が進められています。では、どんな病気に対して、どのように効果的なのでしょうか?

メラトニンがクッシング病治療の糸口に!

クッシング病と呼ばれる病気をご存じでしょうか? これは、高血圧や糖尿病、肥満などの症状を招く上に、筋肉の委縮や骨粗しょう症などを引き起こすもの。

今までは症状に作用する効果的な薬がありませんでしたが、ACTHというホルモンの過剰な分泌が原因になるらしく、治療のために研究が行われていました。

そして、クッシング病の原因となるACTHの分泌を抑えるにはメラトニンがよいことが、岡山大学の研究によって明らかになりました。メラトニンといえば、朝起きてから夜寝るまでのリズムを作る成分。

でも、どうしてこの難病に対して効果が期待できるのでしょうか?

なぜ夜勤をすると睡眠の質が下がるの?

クッシング病の患者さんを調べると、ACTHの分泌リズムが消失していることが分かりました。そこで、生活リズムを整える効果が期待されるメラトニンの作用に注目が集まったようです。

この発見により、クッシング病の治療は選択肢が増えました。今までは脳にできた腫瘍を取り除くしかなかったのですが、メラトニンを与えることで治る可能性が出てきたからです。

また、ACTHは、ストレスを和らげるホルモンと言われるコルチゾールの分泌にも関係があるようです。メラトニンがしっかり出ている人は、ストレスにも強いと言えるでしょう。

質の高い睡眠は健康な心と身体にも関係あり!

ぐっすり眠れる人は、病気やストレスが少ないと思うかもしれません。ただ、今までは「なんとなく健康に良さそう」と考えていた人もいると思います。

でも、メラトニンとACTHが関係していることが科学的に明らかになったことから、ストレス緩和や病気の予防と睡眠の関係が見えてきたはず。睡眠が健康な心と身体を作るための基礎になることは、イメージしてもらえたと思います。

このように、クッシング病のような難病にも効果が期待できることから、ますますメラトニンに注目が集まっています。メラトニンを分泌できるライフサイクルを作って、ぐっすり眠れるような生活を心がけましょう!

Photo by ▲brian james

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

眠くなってから床につく方がよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂