夜勤明けに不規則な睡眠を繰り返していると●●が乱れる?!

Work 2014年12月21日(日)

夜勤明けに不規則な睡眠を繰り返していると●●が乱れる?!

夜勤明けの睡眠

看護師や販売業、製造業などの夜勤勤務がある職業の場合、寝る時間が日によって大きく変化することでしょう。普通に日中働いて、夜23時~0時に寝る日もあれば、夜勤で明け方に寝る日もある。

このように寝る時間が不規則になることは、体調の面で支障が生じます。インドの伝統医学の観点からすれば、大きな問題があるようです。

インド伝統医学から学ぶ、夜勤のリスク

夜勤明けで、一日3~4時間睡眠が続いている……。そんなあなたの体は今、「ヴァータ」に乱れが生じているかもしれません。ヴァータとは、インドの伝統医学である「アーユルヴェーダ」によく登場する言葉。簡単にいえば、体内の運動エネルギーのことを指します。

身体の動きだけでなく、神経伝達機能や、胃腸の活動なども含まれます。このヴァータは、不規則な睡眠を続けていると、さらに乱れが悪化し、どんどん体に弊害が生じてきます。睡眠についても、眠りが浅くなる、寝付きが悪い、悪夢を見るなどの悪影響が。これでは、ますます睡眠不足が進んでしまいます。

夜勤明けの不規則な睡眠がもたらす弊害とは?

ヴァータの乱れが引き起こされると、不調は主に神経系、循環器系に出てくるといわれています。頭がボーっとしたり、めまいがしたりなどの症状の他、何かと気になって神経過敏状態になるなどの精神的な面へも影響が及びます。

また、ヴァータが乱れている体は、血液の循環も悪くなっているため、冷えや肌の乾燥、胃腸の働きが悪くなる、便秘などの他、先ほども紹介した睡眠への影響などもあります。

特に、秋の終わり頃から冬にかけてが、最もヴァータが乱れやすい時期。また、引越しや転職、結婚や長期の旅行など、いつもとは違うイベントが重なると乱れやすくなるといわれています。夜勤勤務者は、特に気を付けたいものですね。

夜勤勤務者におすすめの睡眠改善法

ヴァータが乱れると、体調が全般的に悪くなるのが分かりました。では、どうすれば調子を戻すことができるのでしょうか。まず、ポイントになるのは、睡眠のリズムを一定にすること。これだけでヴァータの乱れを正すことができるのだそうです。

夜勤勤務者であっても、夜勤明けの決まった時間に寝る習慣を付けることができれば、問題は起きないというわけです。もし一週間のうちで遅番や早番が交互にやってくるのであれば、一週間単位で規則性を持たせれば大丈夫です。

ヴァータの乱れを改善するには、リラックスすることや体を温めること、食事の時間を規則的にすることなどもよいといわれています。夜勤勤務者は特に、休息とケアに力を注いでみてください。

【参考】
『ダメな睡眠いい睡眠: あなたを健康体質に変える10のコツ』蓮村誠 PHP研究所
日本ヨーガ瞑想協会「ヴァータの乱れを調える」

Photo by Mark Botham

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝酒はなぜよくないのでしょうか?

整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂