不眠症研究に長い歴史がある「東洋医学」による克服方法とは?

Medical 2014年12月20日(土)

不眠症研究に長い歴史がある「東洋医学」による克服方法とは?

不眠症を克服する方法

不眠に悩む人であれば、インターネットで「不眠症 克服」と一度は検索したことがあるのではないでしょうか? でも、いろいろ出てきてどれが自分に合っているか分かりませんよね。

東洋医学による不眠症の定義って?

東洋医学には、西洋医学よりも遥かに長い「不眠の研究」の歴史があると言われています。東洋医学では「不眠症」と呼ばずに、「失眠」または「不寝」と呼ぶのだそうです。そして、これらが起こる原因は心と身体(肝)のバランスが崩れることにあると考えられています。

不眠症は慢性病の1つであると考える西洋医学と、身体のバランスの乱れであると考える東洋医学(鍼灸治療)ではその考え方が根本から異なるのだそうです。

さて、日本では不眠症に悩む人数が世界トップクラスにあるにも関わらず、お医者さんに診てもらう人は最も低い割合であると言われています。なぜ、日本人はお医者さんに相談をしないのでしょうか?

不眠症だと気づいていない?

1つは単純に「忙しすぎる」ということが考えられます。同僚が多忙を極めて働いているなか、自分だけが仕事を休んで病院へ行く訳に行かず、かと言って、土日は疲れすぎていて動けない……。こんな事情があるのではないでしょうか。

もう1つは、自分が不眠症であるということに気が付いていないケースがあるでしょう。「そんなバカな!」と思われるかもしれませんが、そんなあなたに質問です。「不眠症」の定義を何も見ずにスラスラと説明することができますか?

これがなかなかできないものだと思います。正解は「(1)長期間にわたり夜間の不眠が続き」、「(2)日中に精神や身体の不調を自覚して生活の質が低下する」というものです。

不眠症を克服する方法

まずは自分が「不眠症」であるということを自覚することからはじめる必要があるようです。

最後に東洋医学(鍼灸治療)における不眠症の治療方針の一例をご紹介したいと思います。自分には向いているかもと思った方は一度、近くの鍼灸院に話を聞かれるとよいかもしれません。

・筋肉の凝りや炎症などを和らげる

・自律神経のバランスを整える

・血液循環を改善し、健康な体作りを目指す

針が苦手な方には、針を使わない方法などもあるようです。東洋医学、西洋医学、いずれにせよ自分1人で悩まずにお医者さんに悩みを相談してみることが大切です。

Photo by reinn

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

昼寝はなぜ20分程度がよいのでしょうか?

正解はこちら
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
ネムジム食堂