運転時の眠気覚まし対策! サービスエリアで食べるべきものは?

Work 2014年12月20日(土)

運転時の眠気覚まし対策! サービスエリアで食べるべきものは?

サービスエリアでの眠気対策

仕事柄、長距離の車の運転が必要という方は、ぜひ知っておいてほしいことがあります。きっと、人それぞれ居眠り運転防止対策はとっていると思いますが、食べ物にはどれくらい気を配っていますか? 意外と盲点になりがちな食べ物のこと。眠気対策にはどんなものを口にするのがいいのでしょうか?

運転中の眠気対策! SAで食べるべきものは?

ドライバーにとって、一つの楽しみともいえるサービスエリアやパーキングエリアでの一休憩。地方であれば、その土地のご当地フードにもめぐり合うことができるでしょう。

そこでしか食べられないものをお腹いっぱい食べるのが、サービスエリアに立ち寄る醍醐味でもあります。けれど、実はドライバーにとってはNG行動なのです。なぜなら、人はお腹がいっぱいになると眠くなるものだからです。

理想は、常にほどよく空腹感を感じている状態で運転すること。もちろん、何も食べないというわけにはいかないので、何かしら口にする必要があります。ではいったい、何を食べればいいのでしょうか?

炭水化物や糖質は少なめに

サービスエリアでは、よくラーメンや丼ものなどの食事メニューが豊富に提供されていますが、それらはできるだけ避けて、軽食のフランクフルトや焼き鳥、味噌おでんなどを選ぶようにするといいでしょう。

これらの軽食は、炭水化物や糖質が控えめで、ドライバーに向いている食べ物です。人は特に、炭水化物や糖質を摂取しすぎると、血糖値の関係から、脳の機能が下がったり、脳が麻痺状態になったりして、眠くなると言われているからです。

運転中はできるだけ、炭水化物や糖質の少ないものを選んで食べるようにしたいものです。特に「最近、睡眠不足気味だな……」と自覚しているときこそ、注意して選びましょう。

よく噛んで食べることも大事

少量であれば、「柿の種」「するめいか」などのおつまみ系でもいいでしょう。これらは特に噛みごたえがあるので、比較的しっかり噛むことができます。

よって、噛む行為が眠気防止にもいいといわれています。また、サービスエリアでは、眠気防止ドリンクが売られていることもあるでしょう。もし利用する場合には、眠くなりそうな時間の30分から1時間ほど前くらいに飲むと効果的だといわれています。

上手に食べものを摂取して、眠気対策をしっかり行い、万全の状態で運転するようにしましょう。

Photo by www.Michie.ru

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝酒はなぜよくないのでしょうか?

整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂