急な眠気は、●●が活発になる瞬間にくるらしい!

Work 2014年11月20日(木)

急な眠気は、●●が活発になる瞬間にくるらしい!

仕事をしている男性

突然ですが、急な眠気が襲ってくる瞬間のことを思い出してみてください。「お昼休みにごはんを食べた後!」と思った方は多いのではないでしょうか。

また、緊張がふっと解けた後の時間に眠気が襲ってきたという経験もあるでしょう。実は急な眠気というのは「あるもの」が活発になる瞬間にくるといわれているのです。その「あるもの」とは……?

仕事中の急な眠気に困っているあなたへ

どうすれば眠くならないのか、と日頃から悩んでいるあなた。きっと仕事中にウトウトしてしまう自分に罪悪感が生まれることもあるでしょう。集中したいというのに眠くなってしまうことほど、悔しいものはありません。少しでも眠くなるメカニズムやきっかけを知っていれば、事前に避けられるはず。

もちろん、異常な眠気には脳の障害や呼吸器、耳や鼻の病気などが潜んでいることがあるので、よほど気になる場合にはお医者さんに相談しましょう。

自律神経がカギをにぎっている?!

夜、私たちが自然と眠たくなるのは、自律神経のうち、副交感神経が働き始めるからです。昼間、仕事をして活動している間は交感神経が働いていますが、夜になるにつれて、少しずつ副交感神経が活発になり、心身共にリラックスモードに入れ替わっていくのです。

この副交感神経の働きは、ものを食べたときにも起こります。実は、つい眠くなってしまうのは、副交感神経が胃腸などの内臓を動かし始めるからなのです。

交感神経と副交感神経はまるでシーソーのように、どちらか一方が上がればどちらか一方が下がるというふうに自然と調整しているのです。

交感神経を使い過ぎても眠くなる

仕事に集中したいけど眠気がひどいという場合、交感神経を使い過ぎている可能性もあります。体は常に自律神経のバランスを整えようとするので、交感神経を使い過ぎれば、副交感神経を優位にさせるために、交感神経を遮断しようとするのです。そんなときは、無理せず副交感神経に従い、身体を休ませるようにしましょう。

特にパソコンなどの光をじっと見続け、細かい数字や文字をずっと追っていると、目が酷使されるので交感神経が刺激されます。休憩するときにはいったん画面から目を離すと交感神経が休まるので、ぜひ実践してみましょう。

自律神経のシーソーを意識して、事前に眠気への対処をしておきたいものですね。

photo by Martin Terber

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

夕方に軽い運動をするのはなぜよいのでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂