外国語の勉強には睡眠学習がおすすめって本当?

Lifestyle 2014年11月14日(金)

外国語の勉強には睡眠学習がおすすめって本当?

英語

寝ている間にテスト勉強ができる……学生時代、願望もあいまって一度は話題にしたことがあるのではないでしょうか。ここ最近は国際化が進んで、大人になっても外国語の勉強をする機会が増える時代。睡眠学習に効果があるのだとしたら心強いですよね。

睡眠学習で外国語は習得できるのか?

私たちに欠かすことのできない睡眠ですが、そのメカニズムなどはまだまだ分かっていないことが多く、大学や企業などでも様々な研究が行われています。

その中には「睡眠学習って本当に効果があるの?」というテーマも。これってちょっと気になりませんか? スイス国立科学財団の心理学者による、外国語の睡眠学習の研究についてご紹介しましょう。

被験者はドイツ語を母国語とする生徒たち。実験は、まず午後10時から全員がオランダ語の単語を学んだあと、仮眠をとるグループとそのまま起きているグループに分かれて、学習した単語と同じものの録音を聞き、午前2時に行われた単語テストで比較するというものです。

テストで使われたオランダ語は彼ら全員、今回初めて学んだ単語です。また仮眠をとるグループは、もう一つのグループの学生と一緒に学んだ時間以外は、寝ている時にしか、そのオランダ語を聞く機会はありませんでした。つまり、もともとの知識に差はありません。

夜更かしするより、寝ながら単語を聞く方が効果的と思われる根拠とは

さて結果はどうだったのかというと、寝ながら単語を聞いていたグループの方が単語を理解しているというものになったそうです。一方、起きて単語を聞き流していたグループでは、聞き流すだけでは記憶の向上に効果がなかったようです。

実験の時間帯を考えると「夜更かししたら集中力も落ちるし、起きている方が断然不利」と思われるかもしれません。この実験では仮眠をとったグループの仮眠中の脳波を計測していました。

そこで、単語を再生した時間と同期して言語処理能力をつかさどる動きに変化がみられたこと、さらに記憶の強化を行っていると考えられる脳波の増大がみられました。このことから、眠りながら外国語を聞く睡眠学習は、日常生活に取り入れやすい学習方法であるとされたのです。

睡眠学習は、復習に適しているかもしれない!?

またアメリカ、イリノイ州のノースウェスタン大学の研究チームは、音楽における睡眠学習の可能性を示唆しています。2つの曲の弾き方を覚えた後、睡眠中にそのうちの片方だけを流したところ、睡眠中に聞いていた曲の方がよく思い出すことができたという結果になったからです。

両者に関係するのは、一度学んだことを睡眠中に「復習している」点。記憶が再活性化され脳に記憶固定される助けになると考えることができるのです。あくまでも実験結果ではこうなった、ということですが、試してみる価値はあるかもしれません。

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝る前のパソコンやテレビはなぜいけないのでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂