睡眠をたくさんとっても身長は伸びない?

Lifestyle 2014年11月02日(日)

睡眠をたくさんとっても身長は伸びない?

寝ている子ども

睡眠をたくさんとれば身長が伸びる! と言われて育った人も多いのではないでしょうか? しかし、実際のところ、睡眠と身長に直接的な関係はないようです。このように、思い込みで間違った知識を持ち続けていませんか? 今回は、眠りの新常識について紹介します。

睡眠時間と身長に直接的な関係はない

「夜遅くまで起きていると、身長が伸びなくなるから早く寝なさい」と小さい頃言われたりした経験はありませんか? また、「身長が小さいのは、小さい頃に夜更かしばかりしていたから」と言ったりもしますね。

このように、睡眠と身長に関して様々なことが言われており、これを信じている人も多いと思います。しかし、最近の科学研究の結果から、身長と睡眠には科学的な関係はなく、子供の身長は親の身長に関係することが多いことがわかっています。

このように科学的根拠がないのにもかかわらず、睡眠について誤解をしてしまっていることも多いようです。

1日8時間睡眠をとればいいわけではない

一般に、睡眠時間は8時間、と言われたりします。これも、8時間という時間に十分な科学的根拠はないそうです。ですが、睡眠時間を通常より短くした場合、日を重ねるごとに作業のミスが増えていったという事例もあります。

特に、4時間睡眠を2週間繰り返したところで、ミスが極端に増え、作業効率が落ちたそうです。睡眠時間は個人によって適切な時間が違っていますが、自分の適正睡眠時間より短い睡眠が続くと、集中力の低下など生活に悪影響が出てくるようです。

一般的な数字にこだわるのではなく、自分にあった睡眠時間を元に考えた方が良いでしょう。

寝だめは睡眠リズムを壊す

自分の適切な睡眠時間がどれくらいか考えるときは、土日の睡眠量に着目するとよいと言われています。平日に寝不足が続いていると、週末の睡眠時間は平日の睡眠時間に比べて長くなる傾向があるそうです。

平日も週末も変わらない場合は、平日もしっかりと睡眠がとれていると考えられます。平日が睡眠不足ぎみの方は、週末に寝だめすることで睡眠不足を解消しようとする傾向があります。

これは、効果は期待できますが、昼間に日光を浴びなくなるため、体内リズムが崩れやすくなってしまいます。睡眠と身長に直接的な関係はないように、睡眠に関する誤った知識が世の中には溢れています。

正しい知識をもとに何が正しいかを見極めていきましょう。

Photo by sean dreilinger

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

「朝食ヌキ」はなぜよくないのでしょうか?

正解はこちら
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
ネムジム食堂