赤ちゃんがビックリするほどスヤスヤ眠る方法

Lifestyle 2014年10月27日(月)

赤ちゃんがビックリするほどスヤスヤ眠る方法

眠る赤ちゃん

寝ぐずりのひどい赤ちゃん。普段可愛くても、なかなか寝てくれないとどうしても参ってしまい、悩むママも多いものです。

そんなとき、人間の体のしくみからアプローチする、不思議なくらい赤ちゃんがストンと眠ってくれる方法があります。今回は、その不思議な眠りのツボをご紹介します。

赤ちゃんがストンと眠る方法って?

毎晩、赤ちゃんの寝かしつけに苦労している方は多いのではないでしょうか。一旦寝かしつけても、すぐに起きてしまう場合もあります。

そんなとき、赤ちゃんがストンと眠ってくれる魔法のような方法があったらどんなにいいかということは、どんなママでも一度は考えたことがあるでしょう。

実は、そんな魔法のような方法が実際にあるのです。例えば、赤ちゃんの眠りのツボといわれる、眉間や眉毛。ここをソフトに優しくすーっとなでると赤ちゃんはストンと眠ってしまうといわれています。

このとき、グリグリと押し付けるのはNG。あくまでソフトに、優しく、さわさわとなでるのがポイントです。

まだまだある! 赤ちゃんがなぜか眠ってしまうツボ

赤ちゃんの眠りのツボとして、眉間や眉毛だけでなく、頬や唇なども併せて触る「お化粧ごっこ」も有効です。人差し指で、まるでお化粧をするようになでなでしてあげるのを、ファンデーション、アイシャドウ、口紅に見立てて、順番に繰り返していきます。眉間を優しくなでれば、赤ちゃんは自然と目を閉じてくれるでしょう。

さらにソフトなタッチの究極といえるのがママの鼻息。添い寝をしながら、もしくは、抱っこをしながら、ママの鼻息だけをふーっと赤ちゃんの顔に吹きかけると眠くなるそうです。これには謎が深まるばかり。まさに魔法のような方法です。

寝かし付けツボはここにもあった!

昔から、赤ちゃんの寝かし付けには、背中をトントンする方法があり、多くの方が実践していることと思われます。しかし、赤ちゃんによっては、背中よりもお尻トントンのほうが眠くなるようです。

さらに、トントンよりも、優しくなでなでしたり、もみもみしたりしたほうがより眠りやすいという赤ちゃんもいます。

また、なぜか眠ってしまうツボとして、鎖骨や手首のコリコリした骨の部分があります。ここを優しくなでるようにマッサージしてあげると、思わず眠気をもよおす赤ちゃんもいるようです。

どれも、まさに眠りの神秘。ぜひ実践して、もっとも有効な眠りのツボを探し当ててみてください。

Photo by David Clow

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

ぬるめのお風呂がよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
ネムジム食堂