ヨガの心を学び実践する! 不眠解消の秘訣を探る

Health & Beauty 2014年10月24日(金)

ヨガの心を学び実践する! 不眠解消の秘訣を探る

ヨガをしている女性

「ヨガってなんとなく身体に良さそう」というイメージは、ヨガを経験したことがない方でも持たれているのではないでしょうか。ヨガブームが日本に到来して久しいですが、その魅力にハマる人々はまだまだ後を絶ちません。

そんなヨガは睡眠にも好影響を与えるということをご存知でしたか? そのメカニズムと効果的な取り入れ方をご紹介します。

知って得する! ヨガが睡眠にもたらす好影響を解明

ヨガは睡眠にもよいといわれており、リラックスすることによって就寝時にモヤモヤと悩まなくなったり寝つきをよくしたりします。

また、冷え性やむくみにもよいようです。ヨガは、自分らしさと向き合えるようになるための手段でもあるので、それによって精神的なストレスをためにくくして、結果的に睡眠障害の対策として考えることができます。

ここに注意! 睡眠に効果的なヨガの取り入れ方

ヨガのさまざまな効果はわかりましたが、さらに効果的なヨガの取り入れ方をご紹介しましょう。まず、心を空っぽにすること。ヨガをしながらも、仕事の段取りをグルグルと考えているとあまり効果は期待できません。

また、眠る直前に激しいヨガをするのは避けましょう。眠る前に身体を激しく動かすと、心身が目覚めてしまい寝つきをこじらせてしまう可能性があります。

そして、身体に負担が少ないものから徐々に難易度を高めていくようにしましょう。まだ身体がほぐれていない状態で、難易度の高いポーズにトライすると腰や肩を痛める危険性があります。

パーツ別! 今日から取り入れられる睡眠前ヨガ

続いて、ヨガレッスンなどに通わなくともすぐにできる簡単ヨガをご紹介します。

1.足のむくみ解消ヨガポーズ

step1) 仰向けで深く深呼吸を繰り返します。5回ほどが目安ですが、気持ちが落ち着き身体がリラックスする状態まで繰り返すとよいでしょう。

step2)足を上げ、片方の膝を折って、胸に抱き抱えるようにします。息を吐きながら、ぐーっと徐々に力を加えていきましょう。勢いを付けてグイグイと押し込んだりはしないでください。

step3)足を入れ替えて同じことを繰り返します。

2.肩・背中のコリを取るポーズ

step1)全身脱力して、大の字になります。

step2)両足をそろえて、息を細く吐きながら90度程度足を持ち上げます。膝も曲がらないように持ち上げた方が効果的ですが、難しい場合は軽く曲げても大丈夫です。

step3)足を上げた状態で一気に腰まで持ち上げます。この時も90度を意識してください。キープできない方は腰に手を添えてもよいです。

3.うち太ももの緊張をほぐすポーズ

step1)2のポーズのstep2までと同様の動作をします。

step2)息を吐きながら、ゆっくりと足を開き両足を伸ばします。うち太ももや膝裏に刺激を感じながら、5回ほど開閉を繰り返します。

継続することが体質改善のポイントなので、どんなに疲れていても続けられるくらい「ラク」なことが重要です。

ぜひ実践してみてくださいね!

Photo by RelaxingMusic

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝る直前に食べない方がよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

たった5分!即効性抜群の快眠ストレッチ
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂