秋の夜長 夜更かしによる睡眠不足で東京の経済損失はどれくらい?

Lifestyle 2014年10月20日(月)

秋の夜長 夜更かしによる睡眠不足で東京の経済損失はどれくらい?

サラリーマン

日暮れが日に日に早くなってきましたね。「秋の夜長」と言うように、風が心地よいこの季節、夜が長く感じられますが、そんな「秋の夜長」をエンジョイしたくなるのも自然なこと。でも、「秋の夜長」を楽しむあまり、ついつい夜更かししていませんか? これって、どれくらいお金がかかっているのでしょう?

「秋の夜長」夜更かしグセは睡眠不足につながる!?

「今夜は思い切り楽しむぞ!」「今日は楽しいから、もう少し夜更かししちゃおう……」なんて言いながら、ついついよく夜更かししてしまうということはありませんか?

秋の夜長に日常を忘れて楽しむのもたまにはいいのですが、どんなに夜長に感じても、必ず朝は来ます。夜更かしして寝る時間が遅くなっても、翌朝はまた早起きして通勤・通学しなくてはならないのが現実です。

もし夜更かしグセがついてしまうなら、慢性的な睡眠不足に陥ってしまいます。さらに睡眠不足は生活全般に影響する様々な問題を引き起こします。

実際、夜更かしによる睡眠不足の与える影響について、イケア・ジャパンが実施した「睡眠に関する国際5都市比較調査」から、あなたのお財布事情にも影響する事実が明らかになっています。

睡眠不足の影響はどんなもの? 東京在住者の場合

この調査によると、一日あたりの平均睡眠時間は東京7.3時間、ロンドン7.7時間、ニューヨーク7.9時間、ストックホルム8.3時間、パリ8.9時間でした。東京在住者は世界的に見ても睡眠時間が短いんですね。

さらに、「睡眠のとり方に満足しているか」という質問では、ロンドンでは、75%が満足していると答えたのに対して、東京では53%でした。睡眠時間が短いだけでなく、半数近くの人が自分の睡眠に不満を感じているんです!

また、東京は、「健康面」「友人とのコミュニケーション」「配偶者・パートナーとの関係」などの面で、他の4都市よりも多くの不満を感じています。

東京在住者の多くは単に良い睡眠が取れてないだけでなく、睡眠不足が健康や他の人との関係にまで悪影響を及ぼしていることが分かります。こうした悪影響を考えると、「秋の夜長」をエンジョイするのも、ほどほどにしたほうが良さそうですね。

睡眠不足によるトラブル 東京の経済損失はどのくらい?

「私ひとりのちょっとした睡眠不足が、そんなに影響する?」。そう思われますか? 実は、睡眠不足はあなたひとりの問題にとどまらず、社会的な損失につながるんです!

睡眠不足によって発生したトラブルについてみると、東京では欠勤や遅刻、早退の発生件数が少ない一方、一度欠勤すると他4都市に比べ日数が長期化し、仕事効率の低下が最も多く生じていることが分かりました。

こうしたトラブルが引き起こす経済損失額は、東京の場合、合計で4,757億円にも上るということです。驚きの金額ですよね! こうした損失が続くなら、あなたのお財布事情も決して明るいとは言えません。

今年の「秋の夜長」は、しっかり睡眠を取る方法について考えてみるのはいかがですか?

Photo by Sonny Abesamis

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝る直前に食べない方がよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら
9月3日は「睡眠の日」 50台から考える!良質な睡眠が導くイキイキ生活
ネムジム食堂