ハンサムガールの秋 飲み物と睡眠のコーデ完全ガイド

Food 2014年10月17日(金)

ハンサムガールの秋 飲み物と睡眠のコーデ完全ガイド

グレープフルーツジュース

疲れは、体に蓄積した乳酸が疲労シグナルを発するために起きると言われていますが、回復には溜まった乳酸をできるだけ早く分解することが必須です。そんなとき、クエン酸があれば潤滑油のように速やかに乳酸の分解を促進してくれるそうです。

私たちが疲れた時に、酸っぱいものが欲しくなるのも自然の摂理と言えるのかもしれませんね。今回は、クエン酸を使ったジュースの作り方や、頭をシャキッとさせて一日をさわやかにスタートするコツをご紹介します。

脳をリフレッシュさせるにはクエン酸を

プロのスポーツ選手のなかには、激しい疲労を残さないために、クエン酸を水分に溶かして常用している人がいます。クエン酸を多く含む食物には、ミカン、レモン、オレンジなどの柑橘類に梅干しやラッキョウなどがあります。

柑橘類や梅干し、ラッキョウには疲労回復だけでなく、口いっぱいに広がる酸っぱさにより、頭がすっきりと冴え、気分も爽快になります。

すっぱい! がめざましに効く

クエン酸は、頭をシャキッとさせ、体の代謝機能を高めるので、二日酔いにも効果があります。また日本では、味噌汁に刻んだゆずの皮を入れたり、焼き魚や豆腐料理にスダチやゆずを搾るなど、知恵を絞って疲労回復やリフレッシュ方法を工夫してきました。

朝はトースト派だという人は、メニューにグレープフルーツなどの酸っぱい果物を加えていただくとよいでしょう。ビタミンCを補給するとともに、酸っぱさが寝ぼけたからだを一気に覚ましてくれます。

眠気を吹き飛ばす朝のジュース

寝起きが悪くて、なかなかシャキッとしない朝は、一杯の新鮮なジュースが効果的です。活動スイッチを入れるには、糖分を補給するのがポイント。

グレープフルーツ2分の1個を薄皮ごと手で割って、ほうれん草2~3株を4等分にちぎったものをミキサーにかけると出来上がり。果物の果糖とクエン酸をたっぷり摂取できます。

また、レモンや梅干しに含まれるクエン酸も、酸っぱい刺激で「活」が入り、頭がすっきりします。

レモン、梅干し各1個を搾ったものに、お水200mlを入れると完成。

お好みでオリゴ糖を加えると、酸っぱいのが苦手な人も飲みやすくなるのでお試しください。

Photo by michelle@TNS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

夕方に軽い運動をするのはなぜよいのでしょうか?

正解はこちら
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
ネムジム食堂