更年期障害と不眠の関係とは? 心理的、社会学的要因から探る

Medical 2014年10月11日(土)

更年期障害と不眠の関係とは? 心理的、社会学的要因から探る

寝ている男性

歳を重ねると、だんだん睡眠時間が減ってくるものですよね。夜遅くに寝たのに、なぜかやたらと早朝に目が覚めてしまい、眠れなくなってしまうことはありませんか? その原因は、もしかしたら更年期障害かもしれません。

更年期障害と不眠には関係がある?

高齢の方で不眠に悩んでいるという人は少なくありません。その原因のひとつと言われているのが更年期です。じつに更年期の3~4割の人が睡眠障害だという研究結果もあるほどです。

更年期で睡眠に障害が出る理由は複数考えられます。

・更年期症状(汗やほてり)が就寝中にも起こる

・更年期にみられる不安やうつの症状

・女性ホルモン、黄体ホルモンの減少

・家庭内や社会での精神的ストレス

更年期には以上の原因から寝つきが悪くなる入眠障害、眠りが浅くなり途中で目が覚める中途覚醒が多くみられると言われています。

男性も不眠で悩む人は多い

更年期障害というと女性のイメージが強いかもしれませんが、最近では男性も多いようです。更年期の不眠で悩み、病院を訪れる男性に多いのが「眠れないから深酒をしてしまう」というものだとか。

しかし、この深酒がさらに不眠の症状を強めているのです。飲酒による二日酔いの状態と、更年期障害の症状は似ていて、深酒をすることでその辛さを倍増させる効果があると考えられています。

眠れない夜はどうしてもベッドにいるのが辛くて起きてしまい、ついつい冷蔵庫のビールに手が伸びる……ということもあるかもしれませんが、やはりできるだけ避けたほうが良いようです。

快眠ライフを得る方法

更年期でも不眠に悩まず、快眠ライフを送るにはどうしたらよいのでしょうか? 大切なことは、原因をしっかりつきとめること。

まずは、本当に更年期のせいで睡眠障害の症状が出ているのか、それとも他の病気が原因なのか、調べる必要があります。

睡眠時無呼吸症候群や周期性四肢運動障害、むずむず脚症候群などの病気の可能性はないか? 服用している甲状腺ホルモン剤などの薬が原因ではないか? 更年期と決めつけずに調べてみましょう。

更年期の場合は、病院で医師に相談する、生活習慣を見直す、コーヒーやお茶などを控える、リラクゼーションを取り入れるなど、いろいろと試してみましょう。

Photo by bryan

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

昼寝はなぜ20分程度がよいのでしょうか?

正解はこちら
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
ネムジム食堂