睡眠に関するあの病気を測定するために測定するモノとは?

Medical 2014年09月12日(金)

睡眠に関するあの病気を測定するために測定するモノとは?

寝ている女性

グー、ガー、グー……元気にイビキをしていると、なんとも気持ちよさそうに熟睡しているようにも見えますが、それはもしかして「睡眠時無呼吸症候群」を伴っているかもしれません。

イビキをかきますか?

突然ですが、あなたはイビキをかきますか? もし、イビキをかくとしてもさして珍しいことではありません。というのも、日本人は約2,000万もの人がイビキをかくと言われているからです。

ただ、珍しくはないものの、1つ心配があります。それは睡眠時無呼吸症候群の可能性があるということ。睡眠時無呼吸症候群とは、簡単に言えば、睡眠中に呼吸が止まってしまう病気です。

窒息してしまうということはありませんが、睡眠が浅くなって日中の眠気を招いたり、高血圧症や心疾患などの生活習慣病になりやすくなると考えられています。

そこで、自分が睡眠時無呼吸症候群かどうか、簡単に調べる方法をご紹介しましょう。

睡眠時無呼吸症候群の簡単な測定方法とは?

以下の8項目のうち、合計が11点以上の場合は、睡眠時無呼吸症候群の疑いが強いと考えられます。採点方法は、眠くなることが多い⇒3点、時々眠くなる⇒2点、まれに眠くなる⇒1点、決して眠くならない⇒0点です。

1.読書をしているとき

2.テレビを見ているとき

3.たくさんの人がいる場所で座って、何もしていないとき

4.1時間くらい車に乗せてもらっているとき

5.午後、横になって休憩しているとき

6.座って誰かと話しているとき

7.昼食後静かに座っているとき

8.運転中、渋滞や信号待ちでとまっているとき

みなさんは、いかがでしたでしょうか?

点数が高い方はお医者さんに相談を!

点数が高かった方は、お医者さんに一度相談してみてはいかがでしょうか。病院では次のような方法で診断・検査されることが多いようです。

1.簡易検査

口と鼻に呼吸センサーをつけ、さらに体内の酸素濃度を調べるセンサーを指に取り付ける。痛みもなく、自宅でも検査可能。

2.終夜睡眠ポリグラフ検査

一泊入院で行う。呼吸状態、動脈血酸素飽和度、脳波、体位、心電図などの結果から総合的に判定する。

上記の検査から治療が必要と判断された場合は、マウスピースを使った方法や鼻に取り付ける専用マスクを使うCPAP治療があると言われています。

自己判断は禁物です。

少しでも疑う要素があったら、お医者さんに相談してみるようにしましょう!

Photo by Jeremy G.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝る前にお茶やコーヒー、タバコなどをとるのはなぜよくないのでしょうか?

正解はこちら
9月3日は「睡眠の日」 50台から考える!良質な睡眠が導くイキイキ生活
ネムジム食堂