睡眠中に足がピクつく……それは睡眠時ミオクローヌスかも!

Medical 2014年09月03日(水)

睡眠中に足がピクつく……それは睡眠時ミオクローヌスかも!

photo by M Yashna

なんだか知らないけど、最近夜中に足がピクピクして眠れない……そんな症状でお悩みの方はおられませんか? 実はこれ、ある病気の可能性があるんです。心当たりのある方は、チェックしてみてください。

睡眠時ミオクローヌスとは?

もう秋の足音が聞こえてきていますが、まだまだ暑い夜もありますよね。あなたはこの夏しっかり眠れていますか? 睡眠障害ウンヌン以前に暑くて眠れない夜もありますが、栄養と休養はしっかりとって、夏バテなどしないように過ごしましょう。

さて、「睡眠時ミオクローヌス」という病気をご存知でしょうか。これは別名「周期性四肢運動異常症」とも呼ぶのだそうです。この文字の感じからして、なんとなく想像できた方もいるかもしれませんが、睡眠中に足がピクピクして眠りが浅くなってしまうという睡眠障害を指します。

足がピクピクする人はいませんか?

この睡眠時ミオクローヌスは、むずむず脚症候群と合併して起こることがあると言われています。主な症状は睡眠中に「足がピクつく」と表現されるように、下肢が勝手に動いてしまうのだそうです。

たいしたことない、と思われるかもしれませんが、その違和感により熟睡できず、日中の眠気を誘う原因になると考えられています。

なかには、睡眠時ミオクローヌスにかかっていると気づかない患者もいるそうです。いびきもかいていない、睡眠時無呼吸症候群のような症状もない、それなのにいつも日中眠い――そのような方は、一度この病気の可能性を疑ってみるとよいかもしれません。

終夜睡眠ポリグラフ検査での診断

診断は、自覚症状で診断するむずむず脚症候群とは別の方法がとられています。終夜睡眠ポリグラフ検査というもので、実際に足がどの程度動いているかを調べ、さらに足の動きと睡眠の質との関連を調べて、総合的に診断されます。

目安として、睡眠中に20~40秒ごとに足の動きが計15回以上記録され、さらに熟睡できていない、日中に眠気があるという場合は確定診断になると言われています。治療はドーパミン製剤などが用いられるのが一般的だそうです。

睡眠中に足に違和感を覚えた方は、一度診察を受けてみては?

photo by M Yashna

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

夕方に軽い運動をするのはなぜよいのでしょうか?

正解はこちら
9月3日は「睡眠の日」 50台から考える!良質な睡眠が導くイキイキ生活
ネムジム食堂