真夏の睡眠で「困った!」をこの飲み物がすべて解決

Food 2014年08月28日(木)

真夏の睡眠で「困った!」をこの飲み物がすべて解決

中国茶

中国茶は健康に良いといわれ、ちょっとしたブームになりつつあります。中国茶の本当の魅力は、からだに良いというだけでなくその味と香りにあります。

肥満防止、美肌効果など美容・健康にいい中国茶はこだわりをもって自分で茶器を揃えて楽しむ人も増えているとか。香り豊かな中国茶を飲んで、あなたの困った! をおいしく解決しましょう。

決明子パワーで素敵な夏を……

「体がだるくて、なかなか疲れがとれない」という状態が続く人は、肝臓が弱っているのかもしれません。肝臓には解毒・中和作用や、栄養素・アルコールなどの分解を促す働きがあります。肝臓の機能が低下すると体に有害な成分が分解されず、必要な栄養分が取り込みにくくなります。そのため消化不良を起こしたり、体のだるさや不調が続いたりするのです。

また、肝臓は自律神経と関係があり、悪くなるとイライラしたり、精神が不安定になったりします。極度の暑さも肝臓に負担をかけることになるので夏や室内外の温度変化にも気をつけなくてはなりません。

そんなデリケートな肝臓の負担を和らげるのに効果的なのが、ケツメイシと言われています。決明子と書くように、目に活力(明かり)を与えるとされ、目の疲れや充血を解消する民間薬として使われてきました。

決明子の効果的な摂取方法は?

ケツメイシの効果的な摂取法は、お茶にして飲むこと。このお茶は日本では「ハブ茶」と呼ばれ、昔からよく飲まれてきました。特殊な苦味がありますが、すぐ慣れる程度のもので 、ほのかに香ばしいかおりがします。

中国では麦茶の感覚で決明子茶を作って飲んだり、決明子お粥を作ったりします。参考までに決明子茶の入れ方をご紹介しますと、まず使用する茶器を100度の熱湯で温め、一度に煎じる分量(およそ120ml程度)について3~5グラムの茶葉を使用します。これに100度の熱湯を注ぎ、1分程度蒸らすとおいしい決明子茶のできあがり。

薬草の相乗効果で便秘も解消!

決明子茶に、ほかの薬草をブレンドすると、相乗作用でケツメイシの効果がさらに高まります。中でも相性のいいのは、カワラケツメイ、食用マーガレット、キダチアロエ、オトギリソウという4種類の薬草です。

これらをすべて煎じてできたハーブティーは、ダイエットに効果的な組み合わせとして、注目されているものです。

お茶にして気軽に飲めるので、体質を改善し、お通じを良くしたい方にもおすすめです。

Photo by rumpleteaser

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

昼寝はなぜ20分程度がよいのでしょうか?

正解はこちら
9月3日は「睡眠の日」 50台から考える!良質な睡眠が導くイキイキ生活
ネムジム食堂