美しさは爪に宿る!? 女性の爪の健康を支える快眠法!

Health & Beauty 2014年08月24日(日)

美しさは爪に宿る!? 女性の爪の健康を支える快眠法!

爪

あなたは自分の爪の健康状態をご存知でしょうか? 二枚爪、ヒビ割れ、縦線が入ってしまっている、ささくれがたくさんある……など、実は悩んでいる方が多いのではないでしょうか?

指先は自分のパーツの中で、最もよく目にする部分です。爪がきれいだと、女性として自分に自信が持てますよね。

こんな状態は不健康かも……自分の爪を見つめてみて!

爪は健康のバロメーターとも言われており、健康診断では、爪の色や状態を見られたりすることもあります。では、どんな爪が不健康なのか確認していきましょう。

<爪の状態チェックポイント>

・爪に縦線が入っている

・爪に横線が入っている

・二枚爪になっている

・爪が白くなっている

・爪が青白くなっている

・爪がへこんでいる

・爪が割れやすい

上記に該当する人は、身体の不調のサインが爪に現れている可能性があります。これらは睡眠不足や栄養不足、過労、乾燥、食生活の乱れなどが原因だと考えられます。

時には、マニキュアを塗らずに、自分の爪を眺める習慣をつけると体調の不良にいち早く気づくことができるようになるでしょう。

睡眠不足の症状が現れる爪 そのメカニズムに迫る

爪の不健康の原因として睡眠が大きく関わっていることがお分かりになったかと思います。では、どういうメカニズムで睡眠の状態が爪に影響を及ぼすのでしょうか。

【基礎代謝の低下によって爪の健康が失われる】

睡眠が不足すると、基礎代謝が落ち、睡眠中に成長ホルモンやタンパク質が生成される機会を奪ってしまいます。睡眠不足に陥ると、新たな爪を作り出す機能が弱まり、さらには既存の爪にも栄養が届かず二枚爪、縦横の線が入るなどの影響が見られるのです。

【疾患が誘発され、爪の不健康へと陥る】

カナダ・ラバル大学、アメリカ・ウィスコンシン大学の共同研究により、「睡眠が不足していると86もの病気にかかるリスクを高め、早死する確率も高まる」というレポートが発表されました。睡眠不足は万病のもとだということですね。身体の不調が現れる爪の異変は、そんな疾患のサインなのです。

睡眠不足を解消し、爪の健康を取り戻す3つのポイント

爪を健康に保つために知っておきたい睡眠の取り方を考えてみましょう。ただ長い時間ベッドに入っていればいいというものではなく、代謝を高め、病気を予防するような眠り方が重要です。

まずは、22時までにベッドに入り、お肌の代謝を高めるゴールデンタイム(22時から2時)をねらって眠りにつくことが大事です。

また、部屋をなるべく暗くして眠り、脳や身体を十分に休めることも重要です。

そして、眠る前の飲み物にも気をつけましょう。カフェインやアルコールは、眠りを浅くしてしまうので避けましょう。就寝前には、ノンカフェインのカモミールティやホットミルクなどが良いようです。

爪は健康のバロメーター。

普段から自分の指先を意識しながら、生活を改善してみてはいかがでしょうか。

photo by  HaoJan Chang

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

夕方に軽い運動をするのはなぜよいのでしょうか?

正解はこちら
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
ネムジム食堂