波? 雨音? クラシック? 音から探る安眠のためのヒント

Health & Beauty 2014年08月23日(土)

波? 雨音? クラシック? 音から探る安眠のためのヒント

海

マッサージやエステなどに行くと、リラクゼーション音楽や波の音などが流れているもの。その音を聞きながら、ついうとうと……なんて経験はありませんか? 音には人を眠りに誘う効果があるのです。寝苦しさを感じることが多いこの季節、音の効果で心地良く入眠してみてはいかがでしょうか。

眠りを妨げる突発音・連続音……こんな騒音に注意して!

音は人の心に様々な影響を与えます。就寝時には心が休まる音を聞いて、心地よい入眠の準備を整えたいですよね。まずは、そんな心地よい入眠には適さない音を把握しておきましょう。

眠りを妨げる音には、生活音と呼ばれるドアのチャイム、電話、トイレを流す音などが挙げられます。突発的な騒音は心臓がドキリとして、目を覚ましてしまう危険性があります。携帯電話はオフにしてから就寝するなど、対策を講じておくとよいでしょう。

突発性の騒音以外にも、洗濯機、換気扇、掃除機などの連続音も気になり出すと眠れないものがあります。就寝時までには、洗濯機や乾燥機を済ませて眠るのが望ましいでしょう。

睡眠誘導に適した音・音楽にはどんなものがあるの?

「α波」という言葉を聞いたことはありませんか? このα波は、夜眠くなる、朝に目が覚める、活力が出るなど、脳の健全な働きを助けます。

このα波は、自分自身でコントロールすることができないため、意図的にα波が出やすい環境をつくることが大事です。そのポイントとなるのが「音」です。脳がα波を出してリラックスした状態になるような眠りに適した音というのは、大きく分けて2つあります。

1つ目は波の音や雨音、川のせせらぎなどの「自然音」です。特に水の音は人をリラックスさせる効果があります。自然の中での単調な音の効果により、心地よい眠りに導いてくれることを期待できます。

2つ目はクラシックなどの「音楽」です。その中でも、モーツァルトやショパンが効果的だといわれています。ここでは、歌詞がないもの、自分にとって心地よいものを選ぶことがポイントです。

目覚めも音の効果ですっきりと! 朝のダラダラを解消しよう

朝すっきり目覚めるのにも「音」は有効です。うるさい目覚ましにドキッとしながらベッドを出る、目覚ましに気づきながらもなかなか布団の外に出られない……そんな方はぜひ音の効果を取り入れてみてください。

朝の目覚めに有効なのは、小鳥のさえずりなど朝をイメージする音を耳にすること。目覚まし機能にそうした音を入れている携帯電話も最近増えています。ドキッとする音で目覚めるのではなく、心地よい気持ちですっと目覚め、その後にカーテンを開け、太陽の光を浴びると、いつものバタバタした朝とはちがう過ごし方ができますよ。

就寝時にも、起床時にも音の力を効果的に取り入れて心地良い環境にしてみてください。

日々の眠りに対する不満が和らいでいることに気づくことができると思いますよ。

Photo by Tony Hisgett

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

眠くなってから床につく方がよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
ネムジム食堂