活き活きとした表情は健康な睡眠から! これであなたも表情美人に

Health & Beauty 2014年08月18日(月)

活き活きとした表情は健康な睡眠から! これであなたも表情美人に

笑顔の女の子

人を惹きつける人は男女問わず、表情が明るく豊かな人ではないでしょうか。恋愛関係だけでなく、ビジネス上においても明るい表情の人と仕事をするのは気持ちが良いですよね。

では、表情はなぜ人によって異なるのでしょうか。表情が変わらない人や暗い表情の人になってしまわないように、活き活きとした表情の秘訣を探りましょう。

顔のパーツの不調による不幸顔化に要注意!

顔色が悪い、土気色、目が充血している、目の下にクマができている、唇がガサガサに荒れている……そのような不調を感じた経験は一度や二度ではないでしょう。

これは睡眠不足により引き起こされている可能性が高いのです。睡眠で身体をゆっくりと休ませていないために起こる血色不良。

また、目を睡眠によって休息させる時間を得られず、乾きや疲労を起こしているのが充血。そして、睡眠による肌代謝が行えていないことによる唇や肌の荒れ。

睡眠不足は顔の各所に現れ、「休ませてくれー!」と訴えているのです。そんな不調が前面に現れると、活き活きとした表情をつくり出せるはずがありません。

睡眠不足の脳への影響は大! 表情をこわばらせる寝不足の落とし穴

睡眠不足は、脳の不調につながります。研究結果によると、5日以上睡眠不足の状態に置かれた人は、ネガティブな事象に対して大きく反応するということがわかっています。

睡眠不足によって、ストレスに過剰に反応してしまい、不安や抑うつ状態に陥りやすくなるそうです。また、逆にポジティブな情動は変わらない、もしくは反応が鈍くなります。

楽しさや幸福感などを感じる力は弱まり(もしくは維持され)、ネガティブな感情ばかりが増大すると、必然的に気持ちは沈み、表情は暗くなってしまいますよね。

多忙さによる睡眠不足やストレスによる不眠などを抱える人が増える昨今、暗い表情の人も比例して増えているように思います。

これであなたも表情美人! 明るい笑顔を得るための快眠獲得法

表情を明るくさせるには、長く眠ることよりも、脳をきちんと休ませる良質な睡眠をとることが大切です。

睡眠の質を高めるポイントとしては、まず、眠りにつく1時間前はリラックスタイムと位置づけ、仕事のことや不安に思っていることをベッドに持ち込まないこと。

コツは、眠りにつく1時間ほど前から、読書をしたり、好きな音楽を聞いたりして、頭の中から不要なものを追い出すことです。

また、スマートフォンやパソコンからの情報をシャットアウトすることも重要です。とめどなく情報が入ってきてしまうこれらの機器によって、脳はいちいちそれらの情報に反応してしまうのです。

夜になったら、決めた時間以降は携帯電話やスマートフォン、パソコンなどを見ないようにして、情報をシャットアウトしましょう。

活き活きとした表情の美男美女になるために、良質な睡眠をとりましょう。

ストレスを上手に消化して気持ちの良い笑顔を保つためにも、休息時間を確保してくださいね。

Photo by pixel pro photography south africa

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝る前のパソコンやテレビはなぜいけないのでしょうか?

正解はこちら
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
ネムジム食堂