夏の終わりが勝負! 睡眠で夏の肌老けを防ぐ

Health & Beauty 2014年08月16日(土)

夏の終わりが勝負! 睡眠で夏の肌老けを防ぐ

海辺を歩く女性

夏の終わりは、最も肌の老けが加速するシーズンだと言われていますが、だからこそしっかりとしたケアが必要です。スキンケアをして睡眠を十分にとり、肌にとって天敵となるこのシーズンを乗り切りましょう。

夏の終わりは3歳も老けてみえる?!

1年で1番お肌の老いを感じるのはいつですか? という質問に対して、約3割の女性が夏の終わりにお肌の危機感を感じているようです。

紫外線など多くのダメージを受けた夏の終わりのお肌。半数の女性が老けを感じていることが、オルビス株式会社の「女性の見た目年齢に関する意識調査」によってわかりました。

夏の初めと終わりで、見た目年齢が上がったと感じている女性も約半数ほど。平均で約3歳も老けて見えると感じているようです。

しかし、夏の終わりは紫外線も弱まってくることから、お手入れに手を抜きがち。しっかりとしたケアが必要であることを、まずはしっかりと自覚しましょう。

夏の終わりの肌問題! 睡眠をしっかりとること

夏の間には、紫外線だけでなく、冷房による乾燥や体の冷えなど、気がつかないところで大きなダメージを受けている可能性があります。

涼しくなってきて気を抜きがちですが、しっかりとしたケアが必要。何より、睡眠が肌の状態を整えるために重要です。

夏が終わったことで、眠りやすい季節となります。この機会に、冷房に頼らずぐっすりと眠りましょう。老け防止のためにも、1日6時間以上の睡眠はかかせません。

夏の終わりは、1年のお休み期間にしてみてはいかがでしょうか?

HSPで肌を改善!

HSPという言葉を聞いたことはありますか? 普段聞き慣れない言葉だと思いますが、実は、肌の老いを防ぐ、重要な物質の名前です。

HSPはヒートショックプロテインの略語で、ヒートショックプロテインは、紫外線などによって傷つけられた細胞を修復してくれるタンパク質のこと。

このHSPは、なんと肌を活性化してくれるといううれしい効果が期待できるのです。年をとるにつれて、このヒートショックプロテインが減少することがわかっています。

これを高めるためには、体を温めることと睡眠が重要だといわれているので、お風呂上がりにしっかりと美肌ケアをして、体を冷やさないうちに早めに眠るように心がけましょう。

【参考】
朝日新聞 肌老けが加速するシーズン到来!~夏本番を前に緊急調査~夏の初めと終わりで、“見た目年齢”は「3歳」アップ!?

Photo by Alex Dram

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

ぬるめのお風呂がよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら
9月3日は「睡眠の日」 50台から考える!良質な睡眠が導くイキイキ生活
ネムジム食堂