肩こりや腕のしびれには要注意! 睡眠時にできること

Lifestyle 2014年08月14日(木)

肩こりや腕のしびれには要注意! 睡眠時にできること

肩こりに悩む女性

なんだか最近、肩こりがひどかったり、腕や手がしびれるという症状があるという場合は要注意です。そういった方はストレートネックの可能性があります。起きている際の姿勢が原因ですが、睡眠時にできることから始めましょう。ストレートネック対策として睡眠時にできることをご紹介します。

肩こりの原因?!ストレートネックとは?

肩が凝る、首が痛いなどの症状で悩んでいませんか? 悪化すると、腕や手の甲などが痺れてきます。特に、年齢が若い方の痺れは非常に危険です。

頸椎に異常がある可能性があるので、早めにお医者さんに相談しましょう。近年増えているのが、ストレートネックによるものです。ストレートネックとは、本来カーブになっているはずの首のカーブがなくなり、まっすぐになった状態です。

長時間のパソコンの作業など、猫背や姿勢の悪い状態でいることによって、首が前方に飛び出てしまいます。これによってさらに首に多くの負担がかかり、痺れなどの症状が悪化していくのです。

症状を確かめるには?

ストレートネックの状態が続くと、頸椎症性神経根症になってしまう可能性があります。頸椎が変形してしまい、これによって痺れなどが発症します。頸椎症かどうか確かめるための簡単な方法があるので試してみてください。

まず、自分の真後ろに誰かに立ってもらいましょう。両肩を固定してもらい、その体勢で後ろの人の顔が見られるかどうか。見られない場合は、予備軍の可能性が高いと考えられます。

普段から同じ側でかばんを持ったり、猫背になりがちだったり、スマホを長時間使う方、ノートパソコンを長時間使う方は、ぜひ試してみてください。気付いていなかった症状に気付かされます。

これで肩こりも治る?睡眠時にできること

肩こりの対策としてお勧めなのが、睡眠時の時間を利用することです。仕事柄、パソコンの時間を減らすことは難しいという方もいると思います。

そんなときは睡眠の時間を利用しましょう。毎日睡眠時の6時間を使って矯正することで、よくなる可能性があります。簡単な方法は、バスタオルを丸めて、首とベッドの間に入れるだけです。

すると顎が上がるような姿勢になります。こうすることで、本来あるべき首のカーブを作り出し、ストレートネックの予防になります。効果は人によりますが、睡眠時の取り組みによって肩こりを抑えることができるかもしれません。

悩んでいる方は一度試してみてくださいね。

Photo by katiemarinascott

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

朝の光を浴びるとよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら
9月3日は「睡眠の日」 50台から考える!良質な睡眠が導くイキイキ生活
ネムジム食堂