お昼寝にも快適な睡眠を!どこでも気持ちよく眠れる枕

Lifestyle 2014年08月13日(水)

お昼寝にも快適な睡眠を!どこでも気持ちよく眠れる枕

枕

昼寝のときも快適な睡眠をとりたい、5分だけでもしっかり眠れたらいいな、と考えている方へ、手軽に持ち運べる枕を紹介します。お昼寝の質を高めていくことで、昼間の集中力を高めていきましょう。

お昼寝は重要! でも眠れる場所がない

睡眠不足が続き、集中力が途切れてしまったり、体が疲れきっていたりすることはありませんか? でも、今すぐ寝たい、お昼寝をしたいという瞬間があっても、なかなかお昼寝する場所がない……

そんなふうに睡眠不足で悩んでいるサラリーマンやOLの方は多いのではないでしょうか?机に顔を覆うように寝ても、お腹が苦しかったり、腰が痛かったりと、快適な睡眠をとることができません。

企業によっては、お昼寝を推奨しているところもあるようですが、なかなか眠れないという人も多いでしょう。そんなときに手軽に持ち運べる枕があるだけで、簡単に快適な睡眠をとることができます。

持ち運び枕で快適な睡眠を

持ち運び用の枕として人気なのが、自分の首にフィットさせることができるものです。これならいつでもどこでも眠ることができます。首に巻き付け止められるようになっており、首肩頭を固定することができます。やわらかく優しい肌触りで、リラックス効果も高いです。

大きい枕をオフィスに持ってくるのは抵抗がありますが、持ち運び用であれば手軽にどこでも仮眠がとれるのではないでしょうか。また、オフィスだけでなく、飛行機や電車での長旅にもオススメです。

移動時間に快適な睡眠をとることで、旅の充実度もアップします。時間のない忙しい生活をしている人ほど、空き時間を有効に過ごすための必需品としてお勧めします。

お昼寝もアプリで管理できる!

睡眠を管理するアプリは多く出てきています。自分の睡眠を管理し、いつどのタイミングで眠りに入り、睡眠中にどんな様子なのか知ることで、快適な睡眠を見つけます。

また、睡眠をサポートするアプリも多くあります。眠るまでに高品質の立体音響を流すことで、眠りに誘います。また、左右の周波数をずらし、周波数の差の周期と脳波を同調させることで、睡眠を促すことができます。

持ち運び枕と睡眠導入アプリを同時に使いこなすことで、時間を無駄にせず、快適な睡眠を得られることができますよ。

時間がない中でもできる睡眠対策を考えていきましょう。

Photo by  yataro1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝る直前に食べない方がよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら
9月3日は「睡眠の日」 50台から考える!良質な睡眠が導くイキイキ生活
ネムジム食堂