月は睡眠のリズムに影響を与える!?

Lifestyle 2014年08月05日(火)

月は睡眠のリズムに影響を与える!?

月

「なんとなく寝付けなくて窓の外を見てみたら、その日は満月だった……」。なんて、映画のワンシーンに出てきそうなムード満点の経験をしたこと、ありますか? それは、もしかしたら単なる偶然ではないのかもしれませんよ!

人の睡眠のリズムは24時間周期だけ?

私たちは毎日そんなに意識しなくても、だいたい同じ時間に眠くなったり、お腹がすいたりしますよね。それは、人間や動物はみな体内時計を持っているから。

この体内時計は約24時間周期で設定されていて、さまざまな生理現象を司っています。それには睡眠のリズムを作り出すメラトニンの分泌なども含まれるんですよ。

でも、この体内時計。果たして約24時間サイクルの「概日時計」だけしかないのでしょうか? それとも、月ごとのサイクルで司る「概月時計」なるものもあるのでしょうか?

月の周期は睡眠に影響を与える!

スイス バーゼル大学の時間生物学者クリスチャン・カヨチェン(Christian Cajochen)氏は、「特に意識していなくても、月の周期は人間の睡眠に影響を与えるようだ」と述べています。

カチョン氏のチームは、33人の睡眠中の脳のパターン、目の動き、ホルモンの分泌を観察。その結果、満月の時期には睡眠時間が平均約20分短くなり、深い眠りをもたらす全脳基部の活性化度が30%低下しているのが分かったそう。

また、この研究で眠りにつくまで5分ほど長くかかること、メラトニンのレベルが減少していること、「睡眠不足」と感じる人が多かったということも明らかになったそうです。

調和に逆らわないのが快適な生き方!?

これまで、体調の変化に敏感な人のなかには「毎月同じ時期にこういうことが起きる」、と感じるものがあったでしょうか?

カチョン氏の研究結果によると、それもまんざら思い込みではないのかもしれませんね。でも、概日時計は光の受容体によってリセットされるようにできているそうですが、概月時計がどのように人間に影響を与えているかは、まだ不明です。

他にもまだまだ疑問は尽きません。ただ、月が潮の満ち引きを生じさせているように、人の睡眠リズムにも何らかの影響を与えていることは、間違いないようです。

ですから、宇宙全体に存在する“リズム”に無理に逆らわず、それに調和した生活を送ることこそ地球人が快適に暮らせる秘訣なのかもしれませんね。

Photo by Daniel Hoherd

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝る直前に食べない方がよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
ネムジム食堂