音で睡眠が変わる!? 良質な睡眠をもたらすホワイトノイズの秘密

Goods 2014年07月29日(火)

音で睡眠が変わる!? 良質な睡眠をもたらすホワイトノイズの秘密

ホワイトノイズ

ホワイトノイズは日本語で表すと「白色雑音」となりますが、テレビの「ザー」という雑音といった方がわかりやすいかもしれません。この音は研究によってヒトの深層心理に働き掛け、深い瞑想やリラクゼーションが得やすくなることがわかっています。ホワイトノイズのヒーリング効果についてご紹介しましょう。

睡眠効果が期待できるホワイトノイズは以前、テレビから聴こえた?

テレビを深夜まで見ていて、「ザー」という音と砂の嵐のような画面に変わったのを見たことがある人は多いと思います。この音をホワイトノイズといって、この音を聴きながら目を閉じると心が癒されるそうです。

この放送が終わってしまった後の「ザー」という音と砂嵐画面が癒しになるなんて何だか不思議ですね。でも、最近の研究では、この何の音か分類できないノイズが、深層心理や潜在意識に働きかけて、癒し・リラックス効果を高めるということがわかってきました。

でも、放送がデジタル化されてから、深夜まで起きていてもテレビでホワイトノイズを聴くことができなくなりました。

そこで、脳活性化システム研究の国内第一人者である山田剛氏監修の、ピンクノイズとホワイトノイズを利用して深い瞑想体験へ誘うサウンドCDをご紹介します。

母性と愛の音で癒しを与えるピンクノイズ

ピンクノイズとは、聴覚に均等なエネルギーで刺激を与えるノイズのことですが、ホワイトノイズとメトロノームの中間の音にあたり、不規則さと規則正しさがちょうどいい具合に調和しているのだそうです。このリズムを「1/fゆらぎ」といいます。

この「1/fゆらぎ」のリズムは、ろうそくの炎、小川のせせらぎ、そよ風のような自然現象の音からも発見されたそうです。また、人の心拍のリズムも「1/fゆらぎ」だそうです。

「1/fゆらぎ」は胎児の時に羊水に浮かびながら感じた母親の心臓の鼓動の「ドックン・ドックン」という音と同じリズムを思い出し、常に守られているような母性や愛情を感じ、心が癒され安心するとのこと。母性と愛の音ということでピンクノイズというそうです。だからピンクノイズは山田氏によると「愛の瞑想による完全なる癒し」なのでしょう。

ホワイトノイズは宇宙からの啓示!?

全ての要素を持つ光は白だといわれていることから、不特定多数の音源が混じり合ったノイズを「ホワイトノイズ」と呼ぶそうです。このノイズは全ての音、全ての情報の集まりですから宇宙を連想させます。

目を閉じてホワイトノイズを聴いていると、CDの中のナレーションに導かれて宇宙と一体になったように感じられ、山田氏曰く「智慧の瞑想による宇宙からの啓示」を感じたような気分になって瞑想へと誘われるそうです。

あなたも「Pink&White Noise Meditation」でピンクノイズとホワイトノイズを聴きながら、ナレーションに誘われて瞑想を極めてはいかがでしょう。

日常のストレスから解放されて、安心と癒しに包まれ、精神がリラックスするとともに、心地よい睡眠へとスムーズに入れることでしょう。

Photo by Darren Millar

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

「朝食ヌキ」はなぜよくないのでしょうか?

正解はこちら

快眠キュレーターが厳選!!「快眠グッズ」

睡眠用たわし,悟空のきもち
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
Nelture
ネムジム食堂