睡眠中も肌の水分をキープする秘策は“マスク”

Health & Beauty 2014年07月21日(月)

睡眠中も肌の水分をキープする秘策は“マスク”

睡眠とマスク

睡眠時の湿度はとても重要な役割を担っています。喉の乾燥を抑えるだけでなく、肌の水分を保つ役割があります。 シートマスクや特別なマスクなど様々なグッズがありますが、正しいケアを心がけていきましょう。

睡眠中、肌力を上げるマスクとは!?

睡眠中にマスクをすると良い、と言われていますが、それはあくまでも喉の潤いを保つためであり、美容効果があるとは言われていません。しかし、近年、睡眠時に使う美容マスクというものが出てきています。

そのマスクは素材にシルクを使うことでマスクの中の湿度を保ち、目の下や口元の乾燥を防ぐことで、しわを出来にくくするうえ、ほおの水分を保ち、しっかりと保湿します。また、普通のマスクと違い、肌に跡がつきにくい仕組みになっています。肌の保湿用のマスクなど、様々な睡眠時美容グッズがありますのでチェックしてみましょう。

睡眠中のマスクが良いといわれる理由

一般的に、睡眠時にマスクを着用すると、風邪の予防効果があると言われています。予防だけでなく、症状を緩和するという効果もあるようです。寝ている間に、ウイルスのついた手で鼻や口を触ることを防ぎ、また飛沫感染を防ぐことも可能です。

しかし、肌に跡がついてしまったり、マスクとの摩擦などで肌に悪影響を与えてしまう可能性があります。肌のことを考えると、マスクの質や形を考え、できるだけ肌に優しいものを選ぶべきです。マスクだけでなく、加湿器などを利用して部屋の湿度を50%以上に保つよう心がけましょう。

寝ているときのシートマスクは肌には逆効果?

近年、肌のお手入れの中で、パック用のシートマスクが人気です。スペシャルケアとして日常に取り入れている方も多いのではないでしょうか? しかし、使い方を誤ると肌に逆効果です。長時間つけた方が効果が高いというのは、間違った認識です。長時間つけることで、シートマスクが肌から水分を奪おうとするため、逆に肌が乾燥してしまうので、シートマスクが乾き始める前に外すことをお勧めします。

睡眠時、肌に負担をかけず、効果的なものは何なのかしっかりと見極めていきましょう。

【参考】
日本経済新聞 「睡眠中、湿度を保つマスク ポーラ」
読売新聞の医療サイト ヨミドクター「マスクの力…のど潤し痛み緩和 睡眠中の着用が効果的」
スキンケア大学「『シートマスク・パック』の効果と種類について」

photo by Bill Brine

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

寝酒はなぜよくないのでしょうか?

整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
ネムジム食堂