もしかしてショートスリーパー? 自分の「適正睡眠時間」を知る方法

Medical 2014年07月18日(金)

もしかしてショートスリーパー? 自分の「適正睡眠時間」を知る方法

適正睡眠時間

みなさん、睡眠時間はどうやって決めていますか? もしかすると、平均8時間とよく聞くから、という理由で毎日必ず8時間寝るようにしているという方もいらっしゃるかもしれません。でも、適正な睡眠時間には個人差があるようです。

長くても、短くてもいけないものとは?

多くの調査によって、睡眠時間は長すぎても短すぎても死亡率が高くなり、さらにうつ状態になりやすくなるといわれています。そう言われると気になるのが「じゃあ、自分は何時間眠ればいいの?」ということですよね。

長すぎても、短すぎてもダメと、ただ漠然といわれても素人にはわからないものです。自分の適正睡眠時間は、どうしたらわかるのでしょうか?

日本人の睡眠時間は平均でどのくらい?

ちなみに、日本人の平均睡眠時間は1日7時間42分だそうです。ただ、これはあくまで平均時間。睡眠には個人差が存在します。

有名な話では、アインシュタインは1日10時間以上の睡眠をとっていて、一方でエジソンはとても短かったと言われています。このように睡眠は、年齢や性別、職業、生活環境などで大きく変わり、時間の意識とともに睡眠の質を高めることも非常に重要だと言われています。

自分の適正睡眠時間を知るためには、90分間という睡眠周期を意識しつつ、実際に朝スッキリと目覚めることができた日の時間をチェックしてみることがよいのだそうです。

適正睡眠時間は自分でチェックできる!

具体的なチェック方法をご紹介します。睡眠時間と一緒に、前日に運動を行ったか、どんな食事を摂ったかも記録します。

―チェックシート―

1.前日の食事(夕食の時間/内容)

2.前日の運動(有無/有であれば時間/内容)

3.前日の就寝時間

4.朝起きた時間

5.睡眠時間

これらを記録していき、「快眠できたな。今朝は目覚めがいいな」という日の共通項などを探していくというわけですね。ちなみに、前日の夕食は就寝3時間前までに、運動は2時間前までに行うのがよいと考えられているそうです。

これなら今日からでもできそうですね! ぜひ、試してみてください!

【参考】
日本睡眠学会
愛知県共済

Photo by Silvia Sala

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

昼寝はなぜ20分程度がよいのでしょうか?

正解はこちら
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
ネムジム食堂