良い睡眠には食事内容の見直しが重要! 理想の快眠献立とは?

Health & Beauty 2014年07月18日(金)

良い睡眠には食事内容の見直しが重要! 理想の快眠献立とは?

野菜サラダ

食事内容と睡眠は深い関係性があります。寝付きが悪い、眠りが浅い、さらに寝起きに問題がある方は日々の食事内容から見直してみてはいかがでしょうか? そこで今回は、快眠に有効な食べ物と適さない食べ物を紹介いたします。

ぐっすり眠るための食事内容とは!? 快眠に効果的な食物をご紹介

ぐっすり眠るためにはどんな食事内容が望ましいのでしょうか? 1番のポイントは栄養のバランスの取れた食事をすることです。ビタミン、ミネラル、タンパク質などをきちんと摂取していくよう注意しましょう。

バランスの取れた食事を前提とした上で、快眠に効く食物を摂取していくと効果的です。眠りに良い影響を与える食べ物は以下の通りです。

・米

日本人ならば夕食に摂る方も多いお米。実はこれは効果的な快眠食材なのです。お米には睡眠へ導くホルモンであるメラトニンが含まれているため、深い眠りにつきやすくなるのです。お米が消化される頃に眠りにつくことが快眠のポイントといえるでしょう。

・たまねぎ、にんにく、セロリ

たまねぎには、ストレス耐性を上げ、精神を落ち着かせる効果があるといわれています。硫化アリルという、たまねぎなどに含まれる、目が痛くなる成分です。

・しじみ

しじみには、体内リズムを整えるビタミンB12が多く含まれています。さらに、ビタミンの吸収を助けるカルシウムも含まれているので、吸収率を上げることができます。カルシウムには心を落ち着かせる作用もあるので、安眠に効果的だといわれています。

・牛レバー

牛レバーは体内リズムを整えるビタミンB12と深い眠りへいざなうセロトニンの原料となるトリプトファンが含まれています。睡眠に対してダブルの効果が入った食物といえます。

・牛乳、魚、海草

カルシウムには人をリラックスさせる効果があります。穏やかな眠りへ導いてくれる食品として牛乳や魚、海草が挙げられます。特に、強いストレスや疲労感から不眠に陥っている人は眠る前にホットミルクなどを飲むと安らげます。

・豆類

快眠物質セロトニンの生成に効果的なトリプトファンが含まれているため、スムーズに睡眠に導いてくれます。

夕食にはNG! 快適な睡眠を妨げる食物とは?

「睡眠に不適切な食物を避ける」という点も快眠を獲得するためには重要なポイントです。以下、睡眠を妨げるといわれる食物をご紹介します。

・揚げ物、脂の多い肉

油を多く含む揚げ物は消化するのに時間がかかるので、睡眠中も胃が活発に動いてしまうことになります。すると、血流が消化器官に集中し体温も上がり、熟睡できないこととなります。

・香辛料が多く含まれた刺激的な料理

エスニック料理や韓国料理が流行っている昨今では、香辛料が多く含まれた料理を食べる機会が増えています。しかし、消化器官に刺激を与えるこれらの料理は睡眠前には適しません。夕食ではなく昼食に食べるなどの工夫が必要だといえるでしょう。

・チョコレート、ジュース、スナックなど糖分を多く含む食物

お菓子類を食べすぎてバランスの取れた食事を行えていない人は不眠に陥りがちです。カロリーが高い食物はそれだけ消化にパワーがかかります。眠っても疲れが取れない……ということにもなり得るので、夜のお菓子類は控えましょう。

理想の献立をご紹介、「快眠夕食」はこれだ!

眠りに有効な食材をベースにした快眠のための夕食の献立を紹介します。簡単にできるものを選びましたので、是非実践してみてくださいね。

【快眠・焼き魚定食】

・ご飯

・しじみの味噌汁

・冷や奴

・サンマの塩焼き

・海草とたまねぎのサラダ

(解説)快眠物質メラトニンを含む白米。ビタミンB12とカルシウムを含んだしじみを具材にした味噌汁。味噌は大豆からできているので、トリプトファンを摂ることもできます。冷や奴も同様です。サンマは魚のなかでも特にカルシウムが多く含まれているので、睡眠に向けてリラックス効果が得られます。カルシウムと硫化アリルを摂取できる海藻とたまねぎのサラダでさらに快眠効果を高めます。

一般的な日本食が快眠に効果的であるということがわかりましたね。毎日の食事を見直すことで、寝付きが良くなり、すっきり目覚められるようになるならばうれしいですよね。是非、できるところから食生活を見直してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

「休日の寝だめで睡眠不足を解消!」 これはなぜよくないのでしょうか?

正解はこちら
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
ネムジム食堂