日焼けでダメージを受けた肌修復に一番いいのは睡眠!?

Topics 2014年07月15日(火)

日焼けでダメージを受けた肌修復に一番いいのは睡眠!?

日焼けのダメージと睡眠

夏真っ盛りのこの時期、海、山にレジャーに行かれる方が増えますが、そんなレジャー時の心配の一つが「日焼け」ではないでしょうか。日焼け止めをしっかり塗って、肌の露出を最小限にしていても油断ならないのが真夏の日焼けです。予防をしたにも関わらず日焼けをしてしまったという方は、しっかり睡眠をとって肌の新陳代謝を促すことが大切です。今回は、美肌作りと睡眠の関係を見ていくことにしましょう。

新陳代謝を促す成長ホルモンの分泌は睡眠中に活発になる

夏の強い日差しで生じた日焼けを、みなさんはどのようにケアされていますか? 「とにかくエステに駆け込んでスキンケアをしてもらう」「皮膚に可能な限り水分補給をする」などなど、苦労をされていることでしょう。

一般的に、健康といわれる肌の人は、皮膚の細胞の再生も盛んに行われていて、約4~8週間で肌の細胞は新しく生まれ変わる(ターンオーバーする)ことになります。このような新陳代謝の活発な健康な方の肌は、つねにハリと潤いがあります。

肌の新陳代謝を促す成長ホルモンは、実は昼間より睡眠中に非常に増えることが明らかになっています。睡眠中、私たちの体の中では副交感神経の働きが優位になるため、新陳代謝が活発に促され、体中に成長ホルモンや栄養を行き渡らせることができるようになります。日焼けなど皮膚にダメージを受けたときには良質な睡眠をしっかりとることが、何よりも肌の修復には欠かせません。

米国の調査では、睡眠不足の人の肌修復率が劣っているとの結果も

実験は30~49歳までの女性60人を「良質な睡眠をとれている」「十分な睡眠をとれていない」2つのグループに分けて行われました。その結果「良質な睡眠をとれているグループ」の人たちは肌ダメージからの回復が早かったのに対して「睡眠がとれていないグループ」のほうは、顔、首、胸などに小じわやシミが目立ち、肌に弾力と十分な水分量が少ないということがわかったのです。

米オハイオ州にあるユニバーシティ・ホスピタル・ケース・メディカルセンターのエルマ・バロン博士はこの調査結果から「睡眠不足は、肌に水分量が少ないため、紫外線などの外部ダメージから早期回復する能力を低下させる」と結論づけました。

質の良い睡眠をとることが、美しく素敵な肌の秘訣

日焼けなどの肌のダメージを修復するといったことに限らず、日常の美肌作りにも睡眠をたっぷりとることはとても大切なのです。

これからまだまだ紫外線が強い日が続きます。紫外線で傷ついたお肌のケアは、ぐっすり眠ることが一番。

質の良い睡眠をとることは、いつまでも美しく素敵なお肌でいる秘訣なのです。

【参考】
睡眠不足は肌の老化を早め、ダメージからの回復を遅らせる:米大学調査

Photo by Daniele Zedda

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体内時計クイズ ~あなたはどのくらい知っている?~

朝の光を浴びるとよいのはなぜでしょうか?

正解はこちら
整えよう、体内時計。自然な眠りと朝の目覚め。体内時計.jp
ネムジム食堂